大宮

クーポン

  • 資産税関係

No:119981

-個別通達等の解説と質疑事例-

相続する土地建物等をめぐる税務 【財産評価、相続財産と譲渡所得】

税理士 鬼塚太美

開催日 2017/10/25(水) 開催日備考10月24日(火)相続税・贈与税
★両日ご出席されれば相続税の申告業務を行う上での知識を習得出来ます。
 また、どちらかご興味のある方のみを受講していただくことも可能です。
開催時間10:00~16:30 受講料(税込) 会員:25,000円 読者:29,000円 一般:39,000円
講師 税理士 鬼塚太美 担当事務局 関東信越支局
さいたま市大宮区桜木町1-7-5ソニックシティビル26F
TEL:048-647-5544
FAX:048-647-6644
講師紹介元 国税庁審理室課長補佐、
戸塚税務署副署長、
佐伯税務署長、
東京国税局資産評価官、
国税不服審判所総括国税審判官、
国税不服審判所部長審判官、
熊本国税不服審判所長
セミナー内容5 小規模宅地等の特例

事例12 特定居住用宅地等-換価分割する場合

事例13 特定居住用宅地-区分所有建物の登記がされていない1棟の建物に被相続人の自宅と
      相続人の自宅がある場合における居住継続要件

事例14 特定居住用宅地等-区分所有建物の登記がされている二世帯住宅の場合

事例15 貸付事業用宅地等-相続開始時点で空スペースがある貸駐車場

事例16 貸付事業用宅地等-被相続人の貸宅地をその賃借人が相続して建物貸付業を継続する場合

事例17 特定同族会社事業用宅地等-会社の資材置場として賃貸している土地
 
Ⅱ 財産評価

1 評価単位

事例18 宅地と雑種地を一団の土地として評価することの是非

事例19 相続人が隣接地を所有している場合の評価単位

事例20 賃貸建物(病院)の敷地内にある病院専用駐車場の評価

事例21 複数棟のアパートが一括賃貸借契約により貸し付けられている場合

2 地積規模の大きな宅地の評価(広大地評価の廃止)

3 相続開始直前に自宅をリフォームしている場合

事例22 修繕工事費を減価償却資産に計上しているアパート(建物)の評価

Ⅲ 相続財産と譲渡所得

1 未分割遺産の譲渡(代償分割か換価分割か)

事例23 換価分割をした場合の各人の相続税の課税価格と譲渡所得の収入金額

2 遺言による遺産の換価処分

事例24 遺言に基づき遺産の換価処分が行われた場合の相続税及び譲渡所得の課税関係

3 空き家特例

○ 売買契約後に被相続人居住用家屋が取り壊される場合

事例25 空き家特例-被相続人が特別養護老人ホームに入所していた場合


【講義の進捗状況により、日をまたいでスライドする可能性がございます】
セミナー備考★相続実務の中心となる土地建物等をめぐる税務について2日間で網羅的かつ効率的に解説し、各位の不足する部分を補うとともにスキルアップを図ります。
★両日ご出席されれば相続税の申告業務を行う上での知識を習得出来ます。また、どちらかご興味のある方のみを受講していただくことも可能です。
★2日間受講の場合、セット割引がございます。詳しくはパンフレットをご覧ください。
会場
ソニックシティビル6F 602号室
住所:さいたま市大宮区桜木町1-7-5
TEL:048-647-4111

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)