仙台

クーポン

  • 印紙税
  • 税務一般・その他税法
  • 人事労務・その他

No:120711

会社に必要な法律の基礎講座

総務・経理・営業部門のための法律基礎知識

日常業務に必要な法律知識を、具体的事例を交えながら解説

弁護士 田中浩之

開催日 2018/07/13(金) 開催日備考
開催時間10:00~16:30 受講料(税込) 会員25,000円 読者29,000円 一般39,000円
講師 弁護士 田中浩之 担当事務局 東北支局
仙台市青葉区中央2-10-9(仙台マルセンビル)
TEL:022-222-3858
FAX:022-222-3885
講師紹介2004年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業。
2006年 慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。
2007年 弁護士登録(第二東京弁護士会)。
2013年 ニューヨーク大学ロースクール卒業。
2013年~2014年 海外法律事務所に勤務。
2014年 ニューヨーク州弁護士登録。
2018年 慶應義塾大学法学部法律学科非常勤講師。
 主要取扱分野は、知的財産法、IT 関連法及び訴訟等の紛争解決。英文契約、国際紛争等の国際案件も多数手がける。
 【主な著書】『ビジネス法体系 知的財産法』(第一法規、2018 年)、『企業訴訟実務問題シリーズ システム開発訴訟』(中央経済社、共著、2017 年)、『情報・コンテンツの公正利用の実務』(青林書院、共著、2016 年)等著作・論文多数。
セミナー内容Ⅰ 法律の基礎知識
(1) 法律関係とは
(2) 法律・契約の重要性
(3) ビジネスでよく使われる法律
(4) ビジネス上の法的トラブルとその対応のポイント
Ⅱ 文書に関する基礎知識
(1) 原本・謄本・抄本・正本・副本の意味
(2) 領収書、請求書、委任状等の作成
(3) 内容証明郵便の法的意味
Ⅲ 印紙に関する基礎知識
(1) 印紙を貼る文書とは
(2) 印紙を貼らなかった場合
Ⅳ 印鑑に関する基礎知識
(1) 署名・記名の意味
(2) 印鑑の法的意味
(3) 実印と認印の違い
(4) 契印・訂正印・捨印・割印・消印とは
(5) 会社印の種類と効力
Ⅴ 契約に関する基礎知識
(1) 契約成立に必要な要件
(2) 契約の相手方
(3) 契約書作成の基礎知識
(4) 契約書に定めておくべき条項
(5) 契約の解除・損害賠償
(6) 公正証書の意味と活用
(7) 各種契約別の留意点
(8) 契約締結時に注意しておくべき法律
(9) オンラインでの契約
Ⅵ 手形・小切手に関する基礎知識
(1) 手形・小切手の特徴
(2) 手形・小切手を利用する場合の留意点
Ⅶ 債権の管理と回収
(1) 債権の管理と回収の契機
(2) 債権の回収の具体的手段
(3) 消滅時効
(4) 担保(抵当権、保証)
(5) 相手方が倒産した場合
会場
ハーネル仙台
住所:仙台市青葉区本町2-12-7
TEL:022-222-1121

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)