横浜

クーポン

  • 法人税関係
  • 資産税関係
  • 税務一般・その他税法

募集中

No:121223

第三者間では起こらない諸問題をクライアントのために再検討!

オーナーとそのオーナー会社を巡る税務上の留意点&処方箋

税理士 山下雄次

受講人数

開催日 2018/12/18(火) 開催日備考
開催時間10:00~16:30 受講料(税込) 会員 25,000円 読者 29,000円 一般 39,000円
講師 税理士 山下雄次 担当事務局 神奈川支局
横浜市西区花咲町4-106(税理士会館2F)
TEL:045-263-2822
FAX:045-263-2825
講師紹介税理士法人右山事務所を経て、平成18年山下雄次税理士事務所開業。東京税理士会において会員電話相談室を担当。東京税理士会調査研究部委員。
主な著書に「会社税務の重要ポイン卜Q&A」、「申告に役立つ『税額控除制度』詳
解」(共著)(税務研究会)等がある。週刊「税務通信」に「タックスフン卜ウ」連載中。
セミナー内容【1】事業承継を巡る税務
 1. 新事業承継税制の全体像の確認
 2. 新業承継税制のメリット・デメリット
 3. 新事業承継税制を適用すべき法人の検討
 4. 事前対策の検討・・・特定評価会社になると評価が上がるので事前に回避する必がある
 5. 株価を下げる方法・・・会社を赤字にするだけではない
 6. 近年における法人の設立状況の把握
 7. 合資・合名会社の無限責任社員による事業承継対策・・・債務控除による債務超過の有効利用
 8. 持分会社(合資・合名・合同)による名義株式対策
   ・・・持分が相続によって承継されるのは定款の定めがある場合のみで原則は払戻しになる
 9. 一般社団・財団法人による財産の切り離し防止
   ・・・持分がない法人に財産を移転させる節税スキームが封じ込められた。改正内容と今後の対応策を検討

【2】借入金を巡る税務
 1. オーナー借入金に係る利息
 2. オーナー借入金を減らす方法の検討
 3. DES による資本金等の額の増加
 4. 債務を時価評価する方法
 5. 擬似DES の検討
 6. 相続における社長借入金の評価
 7. 青色欠損金の範囲での債務免除益・・・同族会社が債務免除する際には、株価変動による贈与課税にも注意する

【3】不動産を巡る税務
 1. 税理士が無理なく行える土地の時価算定・・・判例からの検討
 2. 建物のみの譲渡契約における合理的な時価算定
 3. みなし譲渡とみなし贈与の関係
 4. 不動産管理会社の運用形態
 5. 妥当な管理料の検討
  ・・・不動産管理会社の論点として管理料が過大か否かであり、許容される管理料を裁決例などから検討する

【4】役員給与を巡る税務
 1. 定期同額給与
  (1)定期同額給与となる経済的利益の取扱い
  (2)経済的利益の事例検討
  (3)定期同額給与の病欠による期中減額改定の必要性
 2. 特殊な役員に支給する給与
  (1)非常勤役員が行う業務内容とその職務執行対価
  (2)許容される非常勤役員給与の限度
  (3)みなし役員の判定基準
 3. 役員退職金
  (1)役員退職金を分割支給する際の留意点
  (2)役員退職金の適正額の算定
  (3)分掌変更等による退職金の支給・・・否認事例から問題点を洗い出し、潜在的な否認リスクを解消する
  (4)会社法上の役員が役員退職金の支給を受けた後に、みなし役員と認定された場合の課税関係
セミナー備考※クーポン券をご利用の場合は、必ずクーポン券でお申し込みください。
※申込受付手続き完了後、受講票、請求書と振込用紙をお送り致します。
※研修会当日は受講票を必ずご持参下さい。
※開催日直前にHPよりお申込みされる場合、お手数ですが、神奈川支局宛ご一報下さい。
会場
神奈川産業振興センター 14F
住所:横浜市中区尾上町5-80
TEL:

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)