仙台

  • 法人税関係
  • 税務一般・その他税法

No:119176

経理担当者・実務家のための 申告調整と別表作成講座!!

申告調整と別表四、五の記入方法・租税公課の税務処理を徹底解説!

別表四、五(一)、五(二)を中心とした法人税・地方税申告書作成実務

税理士 小池敏範

開催日 2017/03/21(火) ~2017/03/22(水) 開催日備考22日のみ昼食有り
開催時間21日「13:00~17:00」22日「9:30~16:30」 受講料(税込) 会員37,000円 読者46,000円 一般56,000円
講師 税理士 小池敏範 担当事務局 東北支局
仙台市青葉区中央2-10-9(仙台マルセンビル)
TEL:022-222-3858
FAX:022-222-3885
講師紹介小池税理士事務所所長。大手企業、中小企業の税務申告代理及び税務相談、経営指導にあたる一方で、法人税・消費税等に関するセミナー講師としても活躍中。
【著書】「主要勘定科目の法人税実務対策」「誤りやすい役員給与の法人税実務」「法人税・消費税の接点と相違点」「わかりやすい法人税」「誤りやすい消費税の実務」(税務研究会出版局)、「寄付金・会費・分担金・租税公課」「簡易課税制度」(中央経済社)他多数。
セミナー内容Ⅰ 重要な法人税申告書の記入方法
 1 法人税申告書の種類
 2 別表四の構造と記入方法
  (1)所得金額の計算
  (2)処分欄の記入
  (3)別表四の完成
 3 利益積立金額
  (1)利益積立金額の意義
  (2)別表四処分欄との関係
 4 別表四・五(一)と会社のP/L・B/Sとの関係
  (1)別表四
  (2)別表五(一)
 5 別表五(一)の構造と記入方法
  (1)作成の目的
  (2)別表五(一)の記入方法
  (3)別表四と五(一)との関係
  (4)別表五(一)の記入内容の検算
 6 別表四と別表五(一)記入実習

Ⅱ 租税公課の取扱いと五(二)
 1 租税公課等の取扱い
  (1)損金不算入となる租税公課
  (2)損金不算入となる未払法人税等の設定
  (3)租税公課を納付した場合の経理要件別の是否認
 2 別表五(二)の構造と記入方法
  (1)フォームと記入内容
  (2)仮払法人税等の記入方法
  (3)還付法人税等の記入方法
  (4)未払法人税等の記入方法
  (5)別表四・別表五(一)との関係

Ⅲ 税効果会計の基礎と実務
 1 税効果会計の意義
 2 税効果会計の仕組み
 3 財務諸表の表示
 4 別表四・五(一)の記入

Ⅳ 総合事例に基づく記入実習
 実践的な次の各種申告書の作成
  別表一(一)・二・四・五(一)・五(二)・六(一)・
  八(一)・十一(一)・十一(一の二)・十四(二)・
  十五・十六(一)・十六(二)・十六(四)・
  十六(六)・十六(八) ほか
 
地方法人特別税のしくみと地方税申告書の作成。
最近の税制改正で創設された地方法人税を含む新様式の別表一の作成、適用額明細書の記入上の留意点。
会場
ハーネル仙台 4F「青葉」
住所:仙台市青葉区本町2-12-7
TEL:022-222-1121

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)