東京

クーポン

  • 法人税関係
  • 税務一般・その他税法
  • 会計

No:119174

~社会福祉法人制度とその改革内容も解説~

ベーシック 社会福祉法人制度と社会福祉法人の会計・税務

公認会計士・税理士 岩波一泰

開催日 2017/06/19(月) 開催日備考
開催時間10:00〜17:00 受講料(税込) 会員29,000円 読者34,000円 一般39,000円
講師 公認会計士・税理士 岩波一泰 担当事務局 実務研修センター
東京都千代田区神田駿河台4-6(御茶ノ水ソラシティ5F)
TEL:03-5298-5491
FAX:0120-67-2209
講師紹介97年 公認会計士・税理士登録、16年 岩波公認会計士事務所開設。元日本公認会計士協会非営利法人委員会社会福祉法人専門部会部会長。現在、日本公認会計士協会「非営利法人委員会」業務支援専門部会社会福祉法人分科会専門委員、社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会経営相談員。主著に「社会福祉法人の会計・税務・監査」(税務研究会出版局、共著)ほか
セミナー内容★ 社会福祉法人の経理担当者及び社会福祉法人の顧問をしている税理士・公認会計士及びその事務所の職員向けの基礎講座
★ 社会福祉法人制度に関する理解を深めたい方向け!
★ 社会福祉法人に対する専門家活用モデルについて理解したい方向け!

1 社会福祉法人制度
 (1)社会福祉法人とは
 (2)社会福祉事業・公益事業・収益事業
 (3)資産
   ① 資産の所有等
   ② 資産の区分
   ③ 資産の管理
 (4)組織運営
   ① 評議員・評議員会
   ② 理事・理事会
   ③ 監事
   ④ 会計監査人
 (5)所轄庁
 (6)計算
 (7)所轄庁への届出
 (8)情報の公開
 (9)内部管理体制
 (10)社会福祉充実計画
 (11)社会福祉法人の設立手順

2 社会福祉法人の会計
 (1)社会福祉法人が適用する会計基準の変遷
   ① 12年基準
   ② 23年基準
   ③ 会計基準省令
 (2)社会福祉法人が作成する計算書類等
   ① 資金収支計算書、事業活動計算書、貸借対照表
   ② 注記事項
   ③ 附属明細書
 (3)事業区分・拠点区分・サービス区分
 (4)内部取引の相殺消去
   ① 内部取引の対象となる取引
   ② 実務上の留意事項
   ③ 内部取引の相殺消去例
 (5)社会福祉法人特有の会計処理等
   ① 各サ-ビス事業の概要と特有の会計処理
   ② 退職給付引当金
   ③ 基本金
   ④ 国庫補助金等特別積立金
   ⑤ 就労支援事業における特有の会計処理
   ⑥ 市町村社会福祉協議会における特有の会計処理

3 社会福祉法人の税務
 (1)法人税
   ① 社会福祉法人に対する収益事業課税の概要
   ② 社会福祉法人が行う非課税事業
   ③ 介護保険事業に係る取扱い
   ④ 障害福祉サ-ビス事業に係る取扱い
   ⑤ みなし寄付金制度の概要
   ⑥ 収支計算書、損益計算書の提出制度の概要
 (2)消費税
   ① 介護保険事業に係る課税取引と非課税取引
   ② 社会福祉事業に係る課税取引と非課税取引
   ③ 特定収入割合に係る調整計算
 (3)社会福祉法人に対する寄附金税制
   ① 社会福祉法人へ金銭等の支払を行った場合
   ② 社会福祉法人へ土地、建物等を寄付した場合
 (4)地方税等(事業税・道府県民税等・固定資産税・不動産取得税等)

4 専門家活用モデルの活用
 (1)概要及び具体的な手続
 (2)専門家活用モデルの活用による行政監査の簡素
セミナー備考・受付後、受講票(会場地図記載)・請求書・郵便振込用紙を送付します。開催日直前のお申込みの場合、受講票がお手元に届かない場合がございます。別途ご対応させて頂きますので、実務研修センターまでご一報下さい。
・受講料は出来れば開催日前日までにお振込み下さい。お振込み日が前日までにできない場合、お申し込み時に備考欄等にお振込み予定日をご記入下さい。当日、現金でのお支払いも可能です。事務局までお越し下さい。
・無料クーポン券でお申込み頂いた場合、キャンセル・変更はできませんのでご了承下さい。
会場
実務研修センター
住所:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ5階
TEL:03-5298-5491

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)