横浜

クーポン

  • 法人税関係

No:119626

会員得割セミナー

経理担当者に必要な重要2大テーマ

【午後の部】基礎から学ぶ 外形標準課税の実務

公認会計士・税理士 小島浩司

開催日 2017/07/24(月) 開催日備考
開催時間14:00~17:00 受講料(税込) 会員 5,000円 読者 15,000円 一般18,000円
講師 公認会計士・税理士 小島浩司 担当事務局 神奈川支局
横浜市西区花咲町4-106(税理士会館2F)
TEL:045-263-2822
FAX:045-263-2825
講師紹介1996 年、太田昭和監査法人(現 新日本有限監査法人)入所、その後公認会計士小島興一事務所(現 税理士法人中央総研)を経て監査法人東海会計社。2013 年、PT.STARBusiness Partners(インドネシア)設立、上場企業の会計監査や上場支援のみならず中堅・中小企業の税務会計コンサルティングに携わっている。
 【主な著書】「 融資提案に活かす法人税申告書の見方・読み方」「コンサルティング機能強化のための決算書の見方・読み方」以上、経済法令研究会・共著)、「事例で分かる税務調査の対応Q&A」(税務経理協会・共著)、「給与・賞与・退職金の会社税務Q&A」(中央経済社・共著)など。
セミナー内容[1]外形標準課税を理解するための基礎
  1. 事業税と地方法人特別税との違い
  2. 事業税の課税対象と適用対象法人
  3. 法人税と事業税の所得金額の違い

[2]付加価値割の計算の仕組み
  1. 課税対象となる付加価値額と税率
  2. 報酬給与額の範囲と計算ポイント
  3. 純支払利子・賃借料の範囲と計算ポイント
  4. 単年度損益の範囲と計算ポイント

[3]資本割の計算の仕組み
  1. 課税対象となる資本金等の額と税率
  2. 資本金等の額の範囲と計算ポイント

[4]最近の税制改正と実務トレンド
  1. 実効税率の引き下げと外形標準課税の拡大
  2. 付加価値割における所得拡大促進税制の適用
  3. 法人事業税の負担変動の軽減措置
セミナー備考※クーポン券をご利用の場合は、クーポン券を申込書(裏面の「注意事項」を必ずお読みください。)としてご利用ください。
※申込受付手続き完了後、受講票、請求書と振込用紙をお送り致します。
※研修会当日は受講票を必ずご持参下さい。
※HPよりお申込みされる場合、開催日直前にお申込みされる方は、お手数ですが、神奈川支局宛ご一報下さい。
会場
神奈川産業振興センター 14F
住所:横浜市中区尾上町5-80
TEL:

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)