WEB

  • 会計

No:120626

経営財務テキスト講座

金融商品会計(2017年11月28日収録)

講師オリジナル解説資料+経営財務で実務対応力UP!

公認会計士 森崇

平成18年にあずさ監査法人(現 有限責任 あずさ監査法人)に入社、その後、平成28年に仰星監査法人に入社し、現在に至る。これまでメーカー、建設業、卸売業、サービス業、金融機関など多様な業種の法定監査業務に従事する。また、財務調査、株式公開支援等のコンサルティング業務も数多く経験。

上部の[視聴テスト/ガイド]ボタンをクリックすると視聴専用ページで視聴テストを行うことができます。Webセミナーを視聴予定の端末から、問題なく視聴できることを事前に必ずご確認ください。また、ご購入や視聴までの流れを説明したガイドもリンク先からダウンロードすることができます。こちらもあわせてご確認をお願いいたします。

収録日 2017/11/28 受講時間 120分
受講料 ¥ 7,040
視聴期限3週間
動画必ずご利用規約をご確認ください。
プレイヤーが表示されない方はこちら
内容いわゆる会計ビッグバンにより金融商品の時価会計が導入されて十数年が経ちますが、金融商品会計はその複雑さや範囲の広さなどから依然として難解な分野の一つとなっています。有価証券の評価やヘッジ会計などの会計処理が実務上の論点になることも多く、金融商品の会計処理に関する知識は決算業務に欠かせません。
このセミナーでは、すでに金融商品の会計処理に携わっている企業担当者や、今後担当する予定の方々のため、金融商品会計基準の基本的な考え方から会計処理の方法まで網羅的に解説いたします。
教材には、会計人必携の専門誌である弊社発行 週刊「経営財務」を使用し、基準の基本的な考え方を整理するとともに、会計処理を幅広く理解することを目指します。

【主な解説項目】
・金融商品会計の基本的な考え方
・有価証券の評価
・債権と貸倒引当金
・その他の金融商品
・デリバティブとヘッジ会計
・複合金融商品の会計処理
・金融商品の時価等の開示
収録内容・チャプター■動画収録内容 
1.金融商品の基本的な考え方(29:10)
2.有価証券(39:10)
3.債権と貸倒引当金(07:24)
4.その他の金融商品(08:17)
5.デリバティブ(11:15)
6.ヘッジ会計(09:59)
7.時価開示(04:02)
備考※テキストについては、ご購入後にご連絡いたします視聴ページにて、PDF版をダウンロードいただけます。

■テキスト内容
・講師オリジナル資料
・週刊「経営財務」(一部抜粋)
◆金融商品の基本的な考え方(オリジナル解説)
No. 2746 ミニファイル 「償却原価法」
◆有価証券(オリジナル解説)
No. 2901 ミニファイル 「有価証券の会計処理」
No. 3328 ミニファイル 「投資損失引当金」
◆債権と貸倒引当金(オリジナル解説)
◆その他の金融商品(オリジナル解説)
◆デリバティブ(オリジナル解説)
No. 2757 ミニファイル 「複合金融商品」
◆ヘッジ会計(オリジナル解説)
No. 3008 ミニファイル 「ヘッジ」
No. 3220 ミニファイル 「ヘッジ会計」
◆時価開示(オリジナル解説)
No. 2830 ニュース 「ASBJ 金融商品時価開示の指針案公表」
No. 2970 ミニファイル 「時価開示の注記」
レコメンド

「経営財務テキスト講座」について
本講座は、ひととおりの体系的な基礎知識は身に付けたが、もっと実務レベルに引き上げたい方に最適の内容となっております。多くの実務家の皆様にご愛読いただいている「経営財務」を読み解くことでビギナーから次のステップへ着実なレベルアップを目指します。

こんな方に受講をおすすめします!
☑金融商品会計の基本的な考え方や会計処理の方法を理解したい。
☑会計基準の趣旨を理解し、実務対応能力の向上を目指したい。
☑週刊「経営財務」の上手な読み方、実務への活用方法を知りたい。

※週刊「経営財務」を定期購読されていない方もご受講できます。

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)