WEB

新任

  • 所得税関係

No:121542

給与と源泉徴収【基礎編】(2018年10月25日収録)

税理士 杉山茂

宮城県出身。東京国税局採用。税務大学校教授、東京国税不服審判所国税審判官、税務署長を歴任後退官、現在税理士。源泉所得税に関しては、東京国税局法人課税課源泉所得税係、都内税務署において、源泉所得税の統括国税調査官及び国際調査情報官等を担当する。


お申込の際は、カートに入れる前に、ご利用規約のご確認をお願いします。ご利用規約は、下記セミナー概要の中のサンプル動画の上にございます。

上部の[視聴テスト/ガイド]ボタンをクリックすると視聴専用ページで視聴テストを行うことができます。Webセミナーを視聴予定の端末から、問題なく視聴できることを事前に必ずご確認ください。また、ご購入や視聴までの流れを説明したガイドもリンク先からダウンロードすることができます。こちらもあわせてご確認をお願いいたします。

収録日 2018/10/25 受講時間 120分
受講料 ¥ 13,000
視聴期限3週間
動画必ずご利用規約をご確認ください。

プレイヤーが表示されない方はこちら
内容会社は、源泉徴収義務者として、源泉所得税の計算、徴収から納付までの一連の事務を担うことになります。この事務は法人税のように自身の所得ではない一方、社員などの所得に関わるなど、会社は極めて重要な責務を担うことになります。源泉徴収税額の計算を間違えたり、期限までに納付しないと、社員などの所得税に影響を及ぼすほか会社にも様々な不利益が生じます。
基礎編では、初めて源泉徴収事務を担当する方でもすぐに理解できるよう、源泉徴収制度の概要と仕組みを、平成30年分から大きく変わった配偶者(特別)控除を含めて、具体的事例を示しながら、体系的に分かり易く解説いたします。

1.源泉徴収制度
 ・源泉徴収の仕組み
 ・源泉徴収義務とは
2.給与の源泉徴収
 ・給与所得の基本的な仕組み 
 ・源泉徴収事務のスケジュール
 ・源泉徴収税額の具体的な求め方 
  ~毎月の給与と賞与の違いなど~
 ・年末調整と源泉徴収票の交付など
3.法定調書の作成と提出
4.働き方改革に伴う基礎控除の引き上げ等(2020年から)
収録内容・チャプター■動画収録内容
1.源泉徴収の概要(29:03)
2.給与所得の仕組み(24:01)
3.源泉徴収義務の流れ(15:06)
4.源泉徴収税額の計算(20:48)
5.年末調整、法定調書(17:54)
備考テキストについては、ご購入後にご連絡いたします視聴ページにて、PDF版をダウンロードいただけます。

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)