• 資産税関係
  • 税務一般・その他税法

専門家のための家族信託の提案についての実務書!

士業・専門家のための

ゼロからはじめる 「家族信託」活用術

斎藤竜 著

A5判 228頁
2018年1月刊行
ISBN978-4-7931-2266-8

¥ 2,484(税込)

数量

●高齢化の進行で認知症が増加している昨今、相続の現場では、遺言や成年後見制度と並んで「家族信託」の活用も選択肢の一つとなってきています。近年の法改正で信託が利用しやすくなったことに加え、成年後見人制度よりも柔軟な財産管理・資産運用ができるという特徴があるからです。
ただし、家族信託の利用に当たっては、様々な法律上の問題等がつきまとうため、基礎知識(概要、用語解説、主な信託行為、遺言や成年後見との違い)のほか、リスクとリターンのポイントを正しく理解することが必要です。

●本書は、家族信託業務を考える士業、不動産コンサルタント等の専門家が、信託業務を、依頼者から受任し、円滑に業務を遂行するために知っておくべき、提案の心得、業務手順等を解説しています。

●家族信託の設計、受益者連続型信託、共有対策としての家族信託、事業承継対策としての家族信託などについて、活用事例を数多く織り込むことによって、より理解を深められるよう構成しています。

主要目次

第 1 編 家族信託の概略
 1  事業承継等の問題点とその背景
 2  家族信託とは
 3  家族信託と成年後見制度の比較
 4  家族信託の活用基本事例
 5  家族信託に向かないケース、デメリット

第 2 編 家族信託の法務と税務
 1  認知症対策での家族信託の活用事例
 2  信託の開始
 3  信託期間中
 4  信託の終了

第 3 編 認知症対策における家族信託の設計
 1  家族信託の設計
 2  信託契約書の作成
 3  信託契約後の手続き
 4  家族信託のスタート

第 4 編 受益者連続型信託
 1  二次相続、三次相続対策
 2  受益者連続型信託の活用事例
 3  受益者連続型信託における法務・税務
 4  家族信託の永続性を考える

第 5 編 共有対策としての家族信託
 1  不動産の共有化問題
 2  共有対策信託の活用事例

第6編 事業承継対策としての家族信託
 1 事業承継対策としての家族信託とは
 2 事業承継対策としての家族信託の活用事例
 3  自社株式の信託手続き
 4 事業承継対策の家族信託の注意点

第 7 編 家族信託における士業、専門家が果たす役割
 1 家族信託に取り組むべき理由
 2 顧客への説明のポイント
 3 士業、専門家が果たす役割