• 消費税

軽減税率導入1年目の対策をこれでつかむ!

税務通信平成31年4月1日号 別冊

消費税・軽減税率制度導入ガイド

金井恵美子 著

B5判 80頁
2019年4月刊行
ISBN978-4-7931-2447-1

¥ 648(税込)

※書店ではお求めになれません

数量

☆新元号(令和)対応版が出来上がりました

●2019年10月1日から予定されている消費税率の8%から10%への引上げと同時に,飲食料品の販売について税率8%の軽減税率制度が導入されます。これからは税率8%と10%の2つが混在する複数税率となります。

●週刊『税務通信』連載「これからの消費税実務の道しるべ」の著者である金井恵美子税理士が,軽減税率の対象となる食品等の商品の対応関係,領収書・請求書の書き方,税額計算の仕組みなど,軽減税率制度導入1年目において押さえておかなければならないポイントを紹介します。

※ 本書は,税務通信の読者(紙ベースの契約をしている方)には,No.3550(平成31年4月1日号)と併せて1部送付しております。
※一部訂正がございますので□訂正(追加)情報一覧をご確認ください。

主要目次

Ⅰ 消費税複数税率化のスケジュール
Ⅱ 改正の概要
Ⅲ 単一税率制度から複数税率制度へ
Ⅳ 軽減税率の対象 
Ⅴ 飲食料品の譲渡
Ⅵ 軽減税率と標準税率の具体例
Ⅶ 定期購読契約による新聞の譲渡
Ⅷ 簡易課税制度の事業区分
Ⅸ 区分記載請求書等保存方式
Ⅹ 軽減税率制度における納付すべき税額の計算
Ⅺ 税額計算の特例
Ⅻ 税率引上げに伴う価格改定
XⅢ 飲食料品の譲渡を行わない事業者の対応
XⅣ 飲食料品の譲渡を行う事業者の対応
XⅤ 軽減税率対策補助金