• 資産税関係

改訂

相続にまつわる法務・税務の総合解説書!

七訂版
民法・税法による

遺産分割の手続と相続税実務

小池正明 著

B5判 732頁
2015年11月刊行
ISBN978-4-7931-2166-1

¥ 4,968(税込)

数量

本書は、単に相続税に関する解説書というだけでなく、「相続」を巡る法務と税務につき、関連する周辺の問題まで広範囲に取り上げた総合解説書として、次の特徴を有しています。

●相続の実務に不可欠な民法相続編の各規定に基づいて、遺産分割をはじめ相続放棄や限定承認、相続の手続、遺留分やその減殺方法など多種多様な実務処理とそれを的確に実行するためのポイントを解説しています。

●本版は、平成27年1月1日以後に開始する相続から適用されている相続税制に対応し、大幅に書き改めるとともに、新様式の記載例を数多く掲げたほか、設例や計算例も多数収録しています。

●税理士だけでなく、相続問題に関わる弁護士や司法書士の実務の参考となるよう配慮しています。

主要目次

第1章 相続の開始から相続人・相続分確定までの手続きと実務
第2章 遺産分割と分割協議書作成の実務
第3章 相続財産の評価と明細書作成の実務
第4章 相続税のしくみと申告書作成の実務
第5章 非上場株式等に係る相続税・贈与税の納税猶予制度の実務
第6章 相続税の納付と延納・物納の実務
第7章 相続税の申告後の諸問題と実務