• 資産税関係

改訂

特例の適用形態をイラスト入りで詳しく解説した好評書の最新版!

2020年度版

一目でわかる 小規模宅地特例100

赤坂光則 著

B5判 420頁
2020年7月刊行
ISBN978-4-7931-2566-9

¥ 2,970(税込)

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください


●特例の適用形態を体系的に整理し、イラストを織り込んで、辞書をひく要領で適用状況がわかるよう編集した好評書です。

●「小規模宅地特例」と併用して適用のできる「特定計画山林の特例」等のほか、「小規模宅地特例」との選択適用となる「個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除」制度が創設されたことからその内容についても解説を追加しました。

●さらに、民法改正に伴って整備された相続税における「配偶者居住権等の評価額の規定」についても、<参考>として取り上げています。

●今版では配偶者居住権に関する計算事例を見直すなど、よりわかりやすくなるよう加筆・修正を行っています。

主要目次

第1編 小規模宅地の特例
 第1 特例のあらまし 
 第2 特例の適用条件 
 第3 小規模宅地等についてのフローチャート
 第4 建物所有者別図解
  【Ⅰ 事業用】
  【Ⅱ 居住用】
  【Ⅲ 特定同族会社の事業用】
  【Ⅳ 郵便局舎用】
 
第2編 特定計画山林の特例・山林についての相続税の納税猶予及び免除・個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除・非上場株式等の相続税の納税猶予及び免除・相続における配偶者居住権等の評価額
 第5 特定計画山林特例の内容
 第6 山林についての相続税の納税猶予及び免除の内容
 第7 個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除制度の創設
 第8 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の内容
 <参考> 相続における配偶者居住権等の評価額の内容

第3編 事例と法令通達
 第9 事例集(全58事例)
 第10 法令・通達