• 法人税関係

改訂

税務調査で指摘されやすい事項をより充実!

第6版

交際費課税のポイントと重要事例Q&A

西巻茂 著

A5判 648頁
2020年7月刊行
ISBN978-4-7931-2556-0

¥ 3,630(税込)

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください


★購入者特典 電子版が無料でご利用頂けます!
https://www.zeiken.co.jp/lp/zeikenbooks/

●交際費等の支出額が7年連続で増加をしていると令和2年5月に国税庁より公表されました。いわゆる5,000円基準及び50%損金算入などを活用した節税策が増加したとみられています。しかし、それらに対する税務調査が本格化しているため、不注意などでせっかく行った節税策が水の泡にならないよう注意が必要です。

●本書は、どこまでが税務上の交際費等の範囲に該当するのか、なぜ交際費等の取扱いになるのか、隣接している科目との違いは何か、などの疑問に関し268問のQ&Aを用いて解説しています。基本的な事項の確認はもちろん、実務で判断に悩むような際にもご活用いただける必携書です。

●第6版では、接待飲食費の50%損金算入特例の改正、多発する自然災害の被害を受けた得意先等や新型コロナウイルス感染症に対する取引先への支援策や税務上問題となった事例、質問が多かった事例を追加しました。

主要目次

第1編 交際費課税の概要
 1 交際費等の損金不算入の趣旨
 2 交際費等の損金不算入額の計算
 3 交際費等の範囲
 4 交際費等に該当する具体例(通達規定)
 5 交際費等から除かれる費用の具体例(法律規定)
 6 交際費等と類似費用との区分
 7 災害義援金、見舞金等(得意先等を含む)と交際費等
 8 交際費等の支出の意義、方法
 9 取得価額(原価)に算入された交際費等の調整
 10 交際費等と使途不明金・使途秘匿金
 11 交際費等と連結納税申告・グループ法人税制
 12 交際費等と消費税
 13 公益法人等の交際費等
 14 交際費等に関する申告書の書き方(申告書別表15)

第2編 得意先等との接待飲食費(飲食費)の取扱い
 1 接待飲食費(飲食費)の取扱い(特例)の概要
 2 5,000円基準の概要
 3 接待飲食費の50%損金算入の概要
 4 5,000円基準及び50%損金算入の具体的内容と留意点
 5 5,000円基準及び50%損金算入の税務調査とその対応策

第3編 質疑応答事例
 1 交際費等の範囲
 2 交際費等の支出、金額、時期の判定
 3 売上割戻しと交際費等
 4 販売奨励金と交際費等
 5 旅行、観劇等への招待と交際費等
 6 情報提供料・手数料と交際費等
 7 福利厚生費(社内行事)・給与と交際費等
 8 株主対策と交際費等
 9 広告宣伝費と交際費等
 10 会議費と交際費等
 11 寄附金と交際費等
 12 災害見舞金(得意先及び新型コロナウイルス関係を含む)等の税務上の取扱い
 13 使途不明金・使途秘匿金と交際費等
 14 連結納税(グループ通算制度)・グループ法人税制と交際費等
 15 交際費等と消費税
 16 その他
 17 交際費等と税務調査

第4編 参考資料