• 資産税関係

改訂

特例の適用形態をイラスト入りで詳解した好評書の2021年度版!

2021年度版

一目でわかる 小規模宅地特例100

赤坂光則 著

B5判 424頁
2021年7月刊行
ISBN978-4-7931-2633-8

¥ 2,970(税込)

一般価格
※会員価格は適用されません。会員制度ご契約中の方は会員サイトを経由してください。

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください



【どんな本?】
「小規模宅地特例」の適用形態を体系的に整理し、
イラストを活用しながら、
辞書をひく要領で特例の適用状況がわかるよう編集した好評書です。

「小規模宅地特例」と併用して適用のできる「特定計画山林の特例」等のほか、
「小規模宅地特例」との選択適用となる、
「個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除」制度が創設されたことから、
その内容についても解説しています。

民法改正に伴って整備された相続税における
「配偶者居住権等の評価額の規定」についても、
<参考>として取り上げています。

【細部を見直し新事例も追加!】
令和3年度改正は小規模宅地の特例自体の改正はありませんでしたが、
選択適用となる特例の改正等、細部の見直しを行ったほか、
配偶者居住権に関するものなど2つの事例を追加し、60事例としました。

【著者紹介】
赤坂 光則
税理士、C.F.P一級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本大学経済学部経済学科卒業
中小企業経営者のための税務会計事務所を主宰する傍ら、
適切な企業経営のアドバイスをする目的で自ら企業経営を実践し、
10数年の実績と経験を活かして中小企業経営者の相談に応じている。
他方、相続税対策でも相続税ドック『にほんばし倶楽部』の会員を組織し、
事業承継、相続の相談にも応じている。

主要目次

第1編 小規模宅地の特例
第1 特例のあらまし 
第2 特例の適用条件 
第3 小規模宅地等についてのフローチャート
第4 建物所有者別図解 【Ⅰ 事業用】【Ⅱ 居住用】【Ⅲ 特定同族会社の事業用】【Ⅳ 郵便局舎用】 
第2編 特定計画山林の特例・山林についての相続税の納税猶予及び免除・個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除・非上場株式等の相続税の納税猶予及び免除・相続における配偶者居住権等の評価額
第5 特定計画山林特例の内容
第6 山林についての相続税の納税猶予及び免除の内容
第7 個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除制度の創設
第8 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の内容
 <参考> 相続における配偶者居住権等の評価額の内容
第3編 事例と法令通達
第9 事例集
第10 法令・通達