• 税務一般・その他税法

改訂

法人事業税全般を詳細に解説!

【第5版】

外形標準課税の申告実務ガイド

多田雄司 著

B5判 388頁
2016年12月刊行
ISBN978-4-7931-2227-9

¥ 3,024(税込)

数量

◆外形標準課税とは、所得以外の指標を基準にして課税することをいいます。法人税の実務を前提にしますが、付加価値額と資本金等の額に課税するという、独自の取扱いが設けられています。

◆本書は、外形標準課税の実務的な処理方法を中心に、所得に課税する法人及び収入金に課税する法人の処理、さらに地方法人特別税の取扱いを含めた法人事業税の取扱い全般について、多くの事例と記載例を基に解説しています。

◆外形標準課税の実務において最も大きな課題となる付加価値額の計算については、報酬給与額、純支払利子、純支払賃借料、単年度損益などに項を分け、詳細に解説しています。

◆本版では、平成27年度、平成28年度の税制改正による所得割の税率の引下げと、それに伴う付加価値割と資本割の税率の引上げ等、さらにこれらの改正における経過措置を織り込み、大幅な加筆訂正を行っています。

主要目次

第1章 法人事業税の概要
 1 沿革
 2 法人事業税の概要

第2章 納税義務者等
 1 納税義務者
 2 非課税事業、留意点

第3章 付加価値割
 1 付加価値額
 2 報酬給与額
 3 純支払利子
 4 純支払賃借料
 5 単年度損益
 6 特定内国法人等の付加価値割の課税標準
 7 雇用安定控除
 8 鉱物の堀採事業と鉱物の精錬事業とを一貫して行う法人の場合
 9 付加価値割における所得拡大促進税制の導入

第4章 資本割
 1 資本割の課税標準
 2 持株会社の特例
 3 資本等の金額が1,000億円を超える法人の特例
 4 その他の資本割の特例

第5章 所得割
 1 所得割の課税標準
 2 国外において事業を行う特定内国法人の所得割の課税標準

第6章 収入割
 1 収入割の課税標準
 2 課税標準の特例等

第7章 地方法人特別税
 1 地方法人特別税
 2 地方法人特別譲与税

第8章 法人事業税の標準税率等
 1 外形対象法人の標準税率等
 2 所得課税法人、収入金課税法人の標準税率等
 3 2以上に都道府県に事務所等がある場合の事業税額の分割

第9章 申告納付、徴収
 1 申告納付
 2 外形対象法人に対する徴収猶予
 3 租税条約に基づく申立てが行われた場合の徴収猶予

第10章 税効果会計及び損益計算書での表示
 1 税効果会計の処理
 2 税効果会計の法定実効税率、損益計算書での表示

第11章 設例に基づく記入例
 1 事務所等が国内だけの法人の場合
 2  特定内国法人の場合