• 税務一般・その他税法
  • 人事労務・その他

改訂

医療法人の設立と運営の実務ポイント

~基金拠出型医療法人を中心として~

メディカル・マネジメント・プランニング・グループ 編

A4判 40頁
2015年10月刊行
81525

¥ 540(税込)

※書店ではお求めになれません

※名入れ印刷に対応しております。詳細はこちらをご確認ください。

数量

医療法人を設立する際には、設立時の財産拠出に対する課税問題があるため、「基金拠出型医療法人」の形態を選択することが一般的です。

基金拠出型医療法人を設立する場合、基金制度や医療法人制度の特徴などをしっかり理解するとともに、医療法人化によるメリット・デメリットも正確に把握する必要があります。

本小冊子は、基金制度採用時のモデル定款や役員等の業務執行上の注意点、手続きのフローから返還時留意点、事業報告書等の様式、医療法人の税金計算までを網羅し、詳細に解説しています。

今回の改訂では、法人税率の引下げ等を盛り込むとともに、最新の医療法人関連の改正もコラムとして掲載しています。基金拠出型医療法人の設立・運営に携わる医師・歯科医師の先生方に、「すぐに役立つ冊子」としてご活用いただければ幸いです。

主要目次

第1章 医療法人の設立
1.医療法人制度の概要
 医療法人とは
 医療法人の種類 他
2.基金拠出型医療法人の概要
 基金拠出型医療法人とは
 基金制度のポイント 他
3.基金拠出型医療法人のメリット・デメリット
 メリット
 デメリット
 医療法人と個人経営の比較
4.医療法人の具体的な設立の仕方
 医療法人の設立・認可
 設立スケジュール 他

第2章 医療法人の運営
1.医療法人の管理・運営
 社団医療法人の機関(会議)
 事業報告書等の作成・届出・閲覧 他
2.医療法人の税金計算
 法人税
 消費税 他

【コラム】これからの医療法人制度について
      ~医療法の一部を改正する法律~