• 消費税

消費税

はじめての軽減税率

税理士 金井恵美子 監修

A4判 16頁
2016年2月刊行
81603

¥ 324(税込)

※書店ではお求めになれません

※名入れ印刷に対応しております。詳細はこちらをご確認ください。

数量

消費税の税率は、平成29年4月1日から、10%に引き上げられる予定です。

この消費税率10%への引上げに伴い、下記の対象品目について、軽減税率制度が導入されることになりました。

・酒類および外食を除く飲食料品
・定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

そして、軽減税率の導入から4年が経過した平成33年4月1日からは、インボイス制度が導入されます。

また、インボイス制度が導入されるまでの間は、現行の請求書等保存方式を基本的に維持しながら、区分経理に対応するために区分記載請求書等保存方式が講じられます。

インボイス制度は、インボイスに記載された税額のみを仕入税額控除する方式のため、消費税にかかる実務は大きく変わると予想されますが、免税事業者等への配慮から、多様な経過措置が設けられます。

この冊子では、図・表等をふんだんに用いて、軽減税率の対象となる飲食料品、インボイス制度の概要、経過措置についてわかりやすくまとめています。

※本小冊子の内容は、平成28年2月10日時点の改正の予定によっています。

主要目次

1.消費税、何が変わるのか?
2.平成29年4月以降の消費税の改正スケジュール
3.軽減税率が適用される飲食料品と新聞
4.インボイス制度って?
5.区分記載請求書等保存方式って?
6.消費税の仕組み・仕入税額控除
7.税額計算の特例

参考:中小小売事業者等のレジ導入などの支援対策