東京

新任

  • 法人税関係
  • 消費税
  • 会計

No:120448

定員30名!高度経理人材育成 コース

2018年新規開講!

経理初心者のための経理の学校(東京開催)

経理の基礎と重要ポイントが2日間で学べる入門コース

税理士 加藤幸人

開催日 2018/07/12(木) ~2018/07/13(金) 開催日備考1日目 9:30~17:00 / 交流会 17:30~19:00
2日目 9:30~17:00
開催時間開催日備考参照 受講料(税込) 1名につき 108,000 円(テキスト代、昼食代、懇親会費含む)
講師 税理士 加藤幸人 担当事務局 本社
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング
TEL:03-6777-3450
FAX:0120-67-2209
講師紹介アクタス税理士法人 代表社員 税理士 
税理士、公認会計士、社会保険労務士なと約140 名で構成するアクタスグループの代表を務める。
税理士は、「接客・サービス・コンサル業」であるという考えにもとづき、いつもお客様の立場になって徹底的に考え経営視点でのコンサルティングを提供している。セミナー講師も多数行っており、わかりやすく丁寧な解説には定評がある。
セミナー内容受講対象:非上場会社、中小会社等の新人・新任経理社員、会計事務所の新入職員
※公認会計士監査対象会社(上場会社・大会社)の方は、このページの下部「高度経理人材育成〈入門〉コース」にご参加ください。

point
・ひとりの経理社員が担当する業務が幅広くなりがちな、非上場会社・中小会社の経理業務に則したカリキュラムです。
・セミナー中の疑問点を講師に聞きやすい仕組みがあります。
・少人数のグループワークで、他社の経理社員、他の会計事務所職員と交流できます。

主なセミナー内容(一部抜粋)
1日目 9:30~17:00
1限 経理の役割と仕事
2限 経理の仕事と基本ルールを知ろう
   勘定科目とは
   消費税処理
   現金出納業務・預金管理業務の流れ
3限 仕入管理から支払までの流れを理解しよう
   仕入管理・買掛金管理業務
   支払管理の概要
4限 売上管理から回収までの流れ、資金繰りの基礎に触れよう
   売上管理・売掛金管理業務の流れ
   資金計画(資金繰り表)作成の際の注意点
   キャッシュ・フロー計算書の活用
交流会(懇親会)  

2日目 9:30~17:00
1限 固定資産管理と経費科目を理解しよう
   固定資産管理の流れ
   減価償却
   間違いやすい経費科目
2限 決算と決算書の仕組みを理解しよう
   決算とは
   決算書作成のルール
   月次決算・年次決算の違い
   資産負債科目の残高確認
3限 決算の基礎をマスターしよう
   経過勘定の考え方
   棚卸資産と売上原価の算定
   減価償却資産・繰延資産・引当金の計上と仕訳
   消費税の精算処理と法人税の計上と仕訳
4限 経理に必要な税務知識
   法人税とは(所得と利益の違い・申告書)
   消費税とは(課税対象・計算方法・10%になるときの必要知識)
   所得税とは(源泉所得税のしくみ)
   印紙税とは

※カリキュラム等詳細は、上の【パンフレット1(PDF) 】をご覧ください。


#キーワード
キャッシュフロー・C/F・グループワーク・他社交流
セミナー備考*キャンセルについて
少人数のグループ討議を交えての研修のため欠員が出ますと進行に支障を来しますので、直前のキャンセルはお控えください。参加者の変更は可能です。万一キャンセルされる場合にはキャンセル料を申し受けます。予めご了承ください。
●開催日の14日前から前々日………………… 受講料の30%
●開催日の前日、当日… ……………………… 受講料の全額

*お食事について
食物アレルギーをお持ちの方は、お申込み時にご連絡ください。

*他地域開催日程
大阪 7月23日(月)~7月24日(火)
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
住所:東京都千代田区神田駿河台4-6
TEL:03-6206-4855
レコメンド

今年度新規開講のセミナーです。
東京(7/12-13)・大阪(7/23-24)で2回開催します。
各回ともに先着順・定員30名となりますので、おはやめにお申し込みください。

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)