札幌

クーポン

  • 人事労務・その他

No:121884

ビジネスに必要な

総務・経理・営業部門のための法律基礎知識

弁護士 田中 浩之

開催日 2019/08/27(火) 開催日備考
開催時間10:00~16:30 受講料(税込) 33,480円[ 会員 29,160円 ]
(テキスト・昼食・消費税含む)
講師 弁護士 田中 浩之 担当事務局 北海道支局
札幌市中央区北1条西2丁目(経済センター内)
TEL:011-221-8348
FAX:011-222-2735
講師紹介森・濱田松本法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士 
2004年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2006年慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。
2007年弁護士登録(第二東京弁護士会)。2008年森・濱田松本法律事務所入所。2013年
ニューヨーク大学ロースクール卒業。2013年~2014年ClaytonUtz法律事務所(豪州)に
出向。2014年ニューヨーク州弁護士登録。2018年4月~9月慶應義塾大学法学部法律学科
非常勤講師(知的財産法Iを担当。)主要取扱分野は、海外法制を含む個人情報保護法、
知的財産法、IT関連法及び訴訟等の紛争解決。英文契約、国際紛争等の国際案件も
多数手がける。
≪主な著書≫「ビジネス法体系 知的財産法」(第一法規、2018年)、「企業訴訟実務問題
シリーズシステム開発訴訟」(中央経済社、共著、2017年)、「情報・コンテンツの公正
利用の実務」(青林書院、共著、2016年)、「実務担当者のための欧州データコンプライ
アンス~GDPRからeプライバシー規則まで~」(商事法務、共著、2019年)等多数。
セミナー内容<ポイント> 
★ 企業において日々の取引を遂行するうえで最低限知っておくべき法律の知識とは?
★ 契約書を作成する際に留意すべき事項とは?
★ 取引先とのトラブルを未然に防ぐ工夫、失敗しない債権回収の方法とは?
★ 民法改正の重要なポイントについても解説 

 企業のビジネス上、法律知識、特に契約に関する知識は必要不可欠のものとなっています。
 また、契約書に関しての基礎知識はもちろん、印紙やハンコに関しての知識まで幅広い知識を得ることによって、取引先との不要なトラブルを避けることができます。
 さらに、契約を締結すれば安心という訳ではなく、最終的に債権回収ができなければ、会社は収益を上げることができませんので、債権回収の具体的な方法についても、実務で活用できる、基礎的な知識を得ることが必要です。
 このセミナーでは、企業間の取引に必要な法律の基礎知識を、法律の知識のない方でもわかりやすく、かつ、実務に即して、弁護士が具体的に解説します。
 なお、本セミナーは、2020年4月1日に施行される民法改正の内容についても、企業法務の基礎として、必要な範囲でポイントを解説します。知識ゼロの方を対象としていますので、改正前と改正後の両方の内容に触れます。 

<主な研修内容> 
Ⅰ ビジネスに必要な法律の基礎知識
 1. なぜ法律を守る必要があるのか?
 2. ビジネスでよく使われる法律のポイント
Ⅱ ビジネスに必要な契約に関する基礎知識
 1. 契約の成立のための要件、契約が取り消される
    場合、無効になる場合
 2. 会社との契約は、誰が締結権限を持つのかの法的
    整理と実務
 3. 契約書は何のために作るのか?
 4. 民法改正により導入される定型約款とは何か?
 5. 取引基本契約と個別契約のポイント
 6. 契約書に定めておくべき基本的条項
 7. 契約書の定めと法律はどちらが優先か?
    契約書に定めがない場合はどうなる?
 8. 契約違反の場合の救済措置
   (解除・損害賠償の要件と効果、民法改正による瑕疵
    担保制度の廃止の影響、契約不適合責任とは?等)
 9. 危険負担に関する実務
 10. 売買契約の実務
     ~具体的な条項例で解説。民法改正にも対応~
 11. 業務委託(請負/準委任)
     契約の実務
     ~具体的な条項例で解説。民法改正にも対応~ 
Ⅲ ビジネスに必要な債権の管理と回収に関する基礎知識
 1. 債権の管理と回収の流れ
 2. 消滅時効制度のポイント
    ~債権管理に必要な知識を整理。民法改正にも対応~
 3. 法定利率の改正
 4. 失敗しない債権の回収の具体的な法的手続の流れ
    と実務上のポイント
    ~裁判の具体的な流れと実務を含めて解説~
 5. 簡便な手段による債権の回収の基礎知識
   (相殺、債権譲渡等)
 6. 相手方が倒産した場合にはどうなるか?
    その対策は?
 7. 担保に関する基礎知識
   (保証、抵当権、譲渡担保等)
Ⅳ その他のビジネスに必要な法律基礎知識
 1. 印紙に関する基礎知識
     (印紙を貼らなければならない場合、印紙を貼らな
     かった場合、消印の意味等)
 2. ハンコに関する基礎知識
     (ハンコの種類・役割・実務上の注意点等)
 3. 企業の情報管理に関する基礎知識
    (個人情報と営業秘密 /機密情報の管理のポイント)
セミナー備考※【電卓】・【筆記用具】等は各自必ずお持ちください。

・受付後、受講票(会場地図記載)・請求書・振込用紙をお送りします。
・受講票はお申込みいただいた際に記載の(または登録のある)
 メールアドレスへお送り致します。
・受講料は、開催日前日までのご送金をお願いします。
(銀行振込の場合、振込手数料はお客様負担となります。)
・キャンセルの場合は、開催日前営業日15時までにご連絡ください。
(受講料ご返金の際の振込手数料はお客様負担となります。)
・代理の方のご出席もお受けいたします。
・当日欠席された場合は、返金は致しかねますのでご了承ください。
会場
アパホテル<TKP札幌駅前>
住所:札幌市中央区北2条西2丁目19
TEL:

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)