新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大防止により9月末までのセミナーを中止とさせて頂きます

[New!] Live配信セミナー(生放送・リアルタイム配信)はこちら

※従来より販売しておりますWebセミナー(オンデマンド配信)はこちら

大阪

クーポン

  • 会計

No:120797

実務を意識した演習問題!本では学べないコツを伝授!

決算説明能力、経営サポート能力を高めるための 実践!管理会計の実務マスター講座

設備投資の採算評価と最適意思決定「意思決定会計」

~実務に活用できるExcelシートCD付き!~

公認会計士 和田正次

開催日 2018/12/12(水) 開催日備考
開催時間 10:00〜16:30 受講料(税込)

39,000

一般 会員:29,000円 読者:34,000円 一般:39,000円

講師 公認会計士 和田正次 担当事務局 関西総局
大阪市中央区大手前1-7-31(OMMビル5F)
TEL:06-6943-2251
FAX:06-6943-2253
講師紹介 早稲田大学商学部卒。大手監査法人、ウィリアム・エム・マーサー(現マーサージャパン)を経て和田公認会計士事務所開設、現在に至る。日本公認会計士協会東京会経営委員会委員長、日本公認会計士協会学術賞審査委員等を歴任。経営・財務分野を中心に数多くの企業の指導、研修等に活躍中。ケーススタディ方式による実践的で明快な指導には定評がある。国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。
セミナー内容 1 企業価値評価と設備投資
 ①図解:企業価値評価
  ―最新の企業価値評価を動画でわかりやすく理解
 ②株式評価の三つのアプローチ
 ③全社的企業価値と事業部価値との関係
 ④減損会計と設備投資の関係
  ―投資の回収可能性の評価・開示を制度化

2 設備投資採算のベースとなる「キャッシュフロー」と「資本コスト」
 ①成果としての利益とキャッシュフローの関係
 ②必要とする収益率を設定する
  ―資本の規律となる資本コスト

3 投資の採算評価の基礎
  ―各種法の相互関連と使い分け方
 ①正味現在価値法(NPV法) <<★事例エクセルCDつき★>>
 ②内部収益率法(IRR法) <<★事例エクセルCDつき★>>
 ③投資利益率法(ROI法)―会計利益で評価
 ④回収期間法―投資を何年で回収できるか

4 ケースで学ぶ採算計算と投資意思決定の実際ー有利・ふりの判断
  《★ケース1~4すべての事例エクセルCD付き★》
 ①ケース1:増産(拡大)投資
 ②ケース2:合理化投資
 ③ケース3:更新投資
 ④ケース4:買い取りとリースの比較計算
 
5 意思決定会計を使いこなせると経営が読める
 ①新製品販売の意思決定
 ②事業継続か撤退か
 ③フリーキャッシュフローによる事業価値と株式評価手法
 <<★事業価値評価の事例エクセルCD付き★>>

6 総合ケーススタディ:利益とキャッシュフローを長期・安定的に計上しているK社の営業・投資・財務戦略
 ①経営リスクへの対処法
 ②事業投資のタイミング
 ③利益の活用法
セミナー備考 研修会は単独受講もできますが、複数科目を受講されると割引料金で受講できます。(受講者は違ってもかまいません。)

第1回  9月12日(水)開催 管理会計の基礎と財務諸表分析「現状分析会計」
第2回 10月17日(水)開催 短期利益計画とキャッシュフロー業績管理「業績管理会計」
第3回 11月13日(火)開催 経営計画と予算の実行・管理「計画・予算会計」
第4回 12月12日(水)開催 設備投資の採算評価と経営意思決定「意思決定会計」

1講座受講の場合 会員 29,000円 読者  34,000円 一般  39,000円
2講座受講の場合 会員 53,000円 読者  63,000円 一般  78,000円
3講座受講の場合 会員 75,000円 読者  87,000円 一般 117,000円
4講座受講の場合 会員 90,000円 読者 106,000円 一般 150,000円

※無料クーポンは1日の講義につき1枚、ご利用いただけます。
※クーポンをご利用の際は、連続受講割引は適用されません。。
会場
OMM 2階会議室
住所:大阪市中央区大手前1−7−31
TEL:

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)