Live配信

新任

クーポン

  • 会計

No:123471

講義中のZoomでのチャットの質問やセミナー後も1週間のアーカイブ視聴ができます

はじめて開示を担当とする方も最新の開示トピックスを知りたい方もおすすめです

【Live配信】ゼロからわかる!有価証券報告書「注記」と「記述情報の開示」

税務研究会出版局YouTubeチャンネルで、荻窪先生の「税務・会計の身近な疑問に答える動画」も公開中

公認会計士・税理士 荻窪輝明

開催日 2021/03/16(火) 開催日備考 ★★重要★★
必ず「Live配信セミナーの注意事項」をご確認ください。https://www.zeiken.co.jp/lp/liveseminar/
研修時間:3時間30分
※セミナー後に1週間のアーカイブ視聴が可能です。

お電話でのお問合せ対応窓口は当面の間休止しております。お問合せにつきましては、メールにて(webinar@zeiken.co.jpまで)お願いいたします。
開催時間 13:00(接続開始:12:45)~17:00(休憩を含む) 受講料(税込)

26,400

一般 26,400円 [会員:23,470円](テキスト、消費税を含む)

講師 公認会計士・税理士 荻窪輝明 担当事務局 本社
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング
TEL:当面の間休止しております
FAX:当面の間休止しております
講師紹介 1977年生。東京都出身。太陽グラントソントン税理士法人ディレクター。証券会社、大手監査法人、コンサルティング会社等で勤務。会計監査、株式上場、組織再編、事業再生、事業承継、株式価値評価、財務デューデリジェンス等の支援業務等に従事。日本公認会計士協会近畿会役員(~2019年)、神戸大学非常勤講師(~2021年)他。 著書に「youのたっくす、meになるカイケイ?~あなたの税金、身になる会計!~」(税務研究会出版局、2020年)、『経営陣に伝えるための「税効果会計」と「財務諸表の視点」』(税務研究会出版局、2019年)等がある。はじめての企業会計(税務研究会)など講演等も多数。TV番組「滋賀経済NOW」(びわ湖放送)にレギュラー出演中、「超安心!リスク大事典 身近な危険を回避せよ」(テレビ東京系全国)、やさしいニュース(テレビ大阪)、情報スパイス(eo光チャンネル)など出演等も多数。出版局YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCULkZ-95RoWMYerWDTPr_Xw/featured?disable_polymer=1
セミナー内容 ★★重要★★
本セミナーは、Zoomウェビナーを利用してWebで配信いたします。Zoomウェビナーは、講師が話す講義を視聴のみで参加するスタイルです。
お申込み前に必ず「Live配信セミナーの注意事項」をご確認ください。https://www.zeiken.co.jp/lp/liveseminar/

有価証券報告書をはじめ決算書類に欠かせない注記情報ですが、財務諸表に比べると書籍や他社例を通じて情報を得る機会が多くありません。それは、はじめて開示を担当する皆様にとって悩みの一つではないでしょうか。さらに、非財務情報の重要性が増し財務情報以外の記述情報の充実が注目される中、開示トピックスや動向についても気になります。
会計基準の新設や改正、金融庁が公表する「記述情報の開示に関する原則」「記述情報の開示の好事例集」にみるように、今後ますます注記や記述情報の開示実務対応が重要になっていくのは間違いありません。

そこで本講座は、開示実務にはじめて携わる皆様が、たった半日で「注記」と「記述情報の開示」を効率的にわかりやすく学び、事例や実務対応のポイント解説を通じてすぐに使える知識を身に付けるのを目標に学習します。講座は講師作成によるオリジナルレジュメを中心に進めます。

<主なセミナー内容>
【Part1 注記情報の全体像】
1.注記情報の目的と必要性
2.有価証券報告書注記の全体像
3.各注記情報の概要
4.注記理解に必要な会計基準の概要
5.財務諸表と注記情報との関連性

【Part2 注記種類別・ケース別のポイントと留意点】
1.各注記の開示が必要とされる目的と必要性
2.注記種類別のポイントと留意点
3.注記種類別の事例解説

【Part3 最近の注記実務トピックス】
1.注記実務と監査法人の視点
2.有価証券報告書レビュー(金融庁)の動向
3.訂正報告書ほか開示例
4.新基準と改正基準にかかる開示先行事例

【Part4 記述情報の開示概要】
1.財務諸表開示と非財務情報
2.記述情報の開示とは
3.記述情報の開示に関する原則の概要

【Part5 記述情報の開示事例】
1.記述情報の開示の好事例集(金融庁公表)の解説
2.記述情報のポイント 
3.記述情報の充実とステークホルダーとの関係

【Part6 開示実例と傾向の使い方】
1.週刊経営財務別冊『開示実例と傾向』の解説と活用法
セミナー備考 ★★重要★★
必ず「Live配信セミナーの注意事項」をご確認ください。https://www.zeiken.co.jp/lp/liveseminar/

新型コロナウイルス感染症への対応として、テレワーク(在宅勤務)にて業務を行っており、お電話でのお問合せ対応窓口は当面の間休止しております。お問合せにつきましては、メールにて(webinar@zeiken.co.jpまで)お願いいたします。

・受付後、請求書・郵便振込用紙を送付します。
・受講料は出来れば開催日前日までにお振込み下さい。お振込みが前日までにできない場合は、お申し込み時に備考欄等にお振込み予定日をご記入下さい。
・キャンセルの場合は、開催日の3営業日前の15時までにご連絡ください(受講料ご返金の際の振込手数料はお客様負担となります)。それ以外の場合、受講料は返金いたしません。

・セミナー開催日の3日前の16時および当日の9時に、受講者情報欄に入力されたメールアドレス宛に「視聴用URL・テキストのダウンロードURL」が記載されたメールをお送りします。
・本セミナーは、Zoomウェビナーを利用してWebで配信いたします。Zoomについては、セキュリティの脆弱性に関する指摘がございますが、Zoomのセキュリティにより問題が生じた場合には、一切弊社は補償いたしませんので、予めご了承ください。
・Live配信セミナーはお申込時のご登録者のみご視聴いただけます(URLを共有してのご視聴はお断りいたします)。
・複数の通信機器からのご視聴や録音・録画はご遠慮願います。
・開催日の翌日15時にアーカイブがご視聴頂けるURLを記載したメールをお送りします。(視聴期間は1週間)なお、当セミナーはWebセミナーとしての販売は致しません。「Webセミナー定額プラン」にも入りません。
会場
システムの都合により本社所在地を表記しておりますので、ご了承ください。
住所:千代田区丸の内1-8-2
TEL:
レコメンド

★はじめて学ぶ方も安心。半日で、注記から記述情報の開示まで効率よく学習
★他社例や好事例を通じて実務対応のコツを学べる
★最新のトピックスに触れ、即使える知識を取り入れる

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会P・R会員
(2)一般:上記(1)以外の方
(国際税務研究会主催セミナー、特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています)