Live配信

クーポン

  • 人事労務・その他

募集中

No:123555

売るためにはどうしたらいいか!

クライアント先の事業承継手段の一手法 マイクロM&A成功のポイントは

【Live配信】売買金額1,000万円以下の第三者承継に関係するM&A(マイクロM&A)と財務DDの実務

Zoom使用のオンラインセミナー

公認会計士 大原達朗

受講人数

開催日 2021/07/16(金) 開催日備考 ★★重要★★
必ず「Live配信セミナーの注意事項」をご確認ください。https://www.zeiken.co.jp/lp/liveseminar/
研修時間:3時間40分
※セミナー後に1週間のアーカイブ視聴が可能です。


お電話でのお問合せ対応窓口は当面の間休止しております。お問合せにつきましては、メールにて(webinar@zeiken.co.jpまで)お願いいたします。
開催時間 13:00(接続開始:12:45)~17:00 受講料(税込)
一般価格

26,400

一般 26,400円 [会員:23.470円](テキスト、消費税を含む)

講師 公認会計士 大原達朗 担当事務局 本社
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング
TEL:当面の間休止しております
FAX:当面の間休止しております
講師紹介 青山監査法人プライスウォーターハウスにて国内外企業の会計監査、上場支援業務を経験し、2003年独立開業。2010年アルテ監査法人設立、代表社員就任。ビジネス・ブレークスルー大学教授、日本M&Aアドバイバー協会代表理事、nmsホールディングス株式会社監査役、株式会社日本アメニティライフ協会監査役。主な著書に「1冊でわかるM&A実務のプロセスとポイント」(中央経済社)、「サラリーマンが小さな会社の買収に挑んだ8カ月間:個人M&A成功のポイント」(中央経済社)がある。
セミナー内容 ★★重要★★
本セミナーは、Zoomウェビナーを利用してWebで配信いたします。Zoomウェビナーは、講師が話す講義を視聴のみで参加するスタイルです。
お申込み前に必ず「Live配信セミナーの注意事項」をご確認ください。https://www.zeiken.co.jp/lp/liveseminar/

 親族への事業承継が減る一方で第三者への事業承継が増えている。M&Aはもはや大企業だけのツールではなくなっている。今回は売買金額1,000万円以下の税理士先生のよくあるクライアント先におけるM&Aのポイントを解説する。

【【M&Aを検討する企業は以下のような企業。M&Aのシグナルを発している。このような状況、シグナルを察知したらM&Aを検討してもいい状況】】
≪オーナーにとって≫
 ・親族に後継者がいない
 ・息子につらい会社経営を経験させたくない。いわば「継がす不幸」をさせたくないと思っている
 ・先行き不安という単なる不安状態から、現実に資金繰り不安等の状態に入ってしまった
 ・規制緩和・規制強化で自社の業界が激変環境になってしまった
 ・事件やトレンドの変化があり経営環境が厳しくなった
 ・創業者利益を獲得したい
 ・老後の生活資金確保と相続税も解決したい
 ・第2の人生を満喫したい。まだ元気なうちに仕事ではなく、自分の好きなことをして人生を過ごしたい
 ・社長自身や家族の健康状態に変化があった
 ・従業員への承継は難しい状況にある
≪2代目、3代目社長にとって≫
 ・経営者という重責をこれ以上担いたくない
≪買い手企業にとって≫
 ・「M&Aは時間を買うこと」、買収先企業には様々なノウハウ、業務に習熟した役員・従業員、優良な得意先があることがわかった

〈主なセミナー内容〉

1.コロナ禍における取引金額1,000万円以下のM&Aの現状
2.M&A実践~入門編
 〇どんな会社が成約になっているのか
  ・業種(仕事の内容) ・従業員数  ・売上
 ○個人事業主のM&Aはどうやるのか?
 ○会計事務所の顧問契約はどうなるのか?
 〇この規模はDDをそもそもするのか?
 〇契約書を交わすのか?
 〇美容サロンを買収 買った側の話
 〇事業承継に悩みのある現在のクライアントがM&A後も続くようにどうたちまわるのか
  ・引き継ぐ社長を捜してあげる。その社長の捜し方
 〇クロスボーダーのM&A(フィリピンでの日本語学校の例)
 〇ラーメンチェーン店を売却したケース
3.M&A実践~基礎編
 〇居抜きとM&Aの違い
 〇1,000万円以下におけるM&Aと新規事業の立ち上げの話
 〇1,000万円以下の場合、売った側もその後一緒に経営をするということがありうるのか
 〇1,000万円以下における借金過多の状態とM&A(救済型のM&A)
 〇廃業が多いからと言ってタダでビジネスは買えません(儲かっているが廃業したい、儲かってないので廃業したい、法的整理をする企業がある)
 〇M&Aの流れ。各場面(①M&Aアドバイザーの決定、②秘密保持契約とファイナンシャル・アドバイザー契約の締結、③案件探し、④ノンネーム資料の提示を受ける、⑤ネームクリア、⑥インフォパックの提示を受ける、⑦トップ面談、⑧意向表明書の提出、⑨基本合意書の締結、⑩DDの実施、⑪最終譲渡契約の締結、⑫クロージング)における取引金額1,000万円以下の事案の場合の話
 〇株式譲渡・事業譲渡・会社分割→株式譲渡のスキーム比較
4.個人・マイクロM&A成功のためのポイントと留意点
 〇売り手・買い手別、売買前・売買検討時・売買後の時点別留意点
 〇買収後、成功している人はこう経営している
 〇マイクロM&AでのM&Aアドバイザーの着任形式
 〇バリュエーション。会社をどう値付けするか
 〇買い手に買いたいと思わせるマイクロM&A向け事業計画の例
 〇ビジネスはいける!事業計画策定前提となる直近数値確認のポイント
 〇1,000万円以下におけるDDのやり方
 〇譲渡契約で決めるべきポイント
 〇マイクロ案件における専門家の使い方
 〇相手をどう探すか?
セミナー備考 ★★重要★★
必ず「Live配信セミナーの注意事項」をご確認ください。https://www.zeiken.co.jp/lp/liveseminar/

新型コロナウイルス感染症への対応として、テレワーク(在宅勤務)にて業務を行っており、お電話でのお問合せ対応窓口は当面の間休止しております。お問合せにつきましては、メールにて(webinar@zeiken.co.jpまで)お願いいたします。

・受付後、請求書・郵便振込用紙を送付します。
・受講料は出来れば開催日前日までにお振込み下さい。お振込みが前日までにできない場合は、お申し込み時に備考欄等にお振込み予定日をご記入下さい。
・キャンセルの場合は、開催日の3営業日前の15時までにご連絡ください(受講料ご返金の際の振込手数料はお客様負担となります)。それ以外の場合、受講料は返金いたしません。

・セミナー開催日の3日前の16時および当日の9時に、受講者情報欄に入力されたメールアドレス宛に「視聴用URL・テキストのダウンロードURL」が記載されたメールをお送りします。
・本セミナーは、Zoomウェビナーを利用してWebで配信いたします。Zoomについては、セキュリティの脆弱性に関する指摘がございますが、Zoomのセキュリティにより問題が生じた場合には、一切弊社は補償いたしませんので、予めご了承ください。
・Live配信セミナーはお申込時のご登録者のみご視聴いただけます(URLを共有してのご視聴はお断りいたします)。
・複数の通信機器からのご視聴や録音・録画はご遠慮願います。
・開催日の翌日15時にアーカイブがご視聴頂けるURLを記載したメールをお送りします。(視聴期間は1週間)なお、当セミナーはWebセミナーとしての販売は致しません。「Webセミナー定額プラン」にも入りません。
会場
システムの都合により本社所在地を表記しておりますので、ご了承ください。
住所:東京都千代田区丸の内1-8-2
TEL:
レコメンド

☆大きいから必ずしも売れるものではない!小さいからといって売れないわけでもない!売るためにはどうしたらいいか!
☆税理士先生必聴、職業会計人が知っておくべきM&Aの常識
☆マイクロM&A成功のポイント
☆企業の最も親身な相談相手「税理士」はM&Aのニーズに一番近い位置にいる!

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会P・R会員
(2)一般:上記(1)以外の方
(国際税務研究会主催セミナー、特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています)