東京

  • 法人税関係
  • 税務一般・その他税法
  • 会計

No:119181

全体の仕組みから個別処理の 仕方までを実践解説!!

法人税基礎講座

税理士 森下治

開催日 2017/04/13(木) ~2017/07/27(木) 開催日備考毎週木曜日 全15回 約34時間
※5月4日は祝日のため休講となります。
開催時間≪昼の部14:45~17:00≫≪夜の部18:15~20:30≫※昼・夜どちらも随時振替可能です。 受講料(税込) 会員:59,000円 読者:64,000円 一般:70,000円
講師 税理士 森下治 担当事務局 実務研修センター
東京都千代田区神田駿河台4-6(御茶ノ水ソラシティ5F)
TEL:03-5298-5491
FAX:0120-67-2209
講師紹介税理士事務所勤務を経て、平成7年に開業し、現在、森下治税理士事務所所長。
税務・会計関係を中心として、原稿の執筆・研修会の講師として活躍中。
セミナー内容☆ 昼夜とも、学習箇所は同じですので、どちらでもご参加いただけます。
☆ 図表での説明、復習・計算演習を多く用いて理解を深めます。
☆ 申告書(各個別別表)の用語・ポイントを確認します。


Ⅰ 法人税の全体像
1.会社の成り立ち
(1)株式会社の設立・運営
(2)株主と役員の関係
2.理解するために必要な基礎知識
(1)法人の区分のしかた
(2)課税所得の範囲と法人税率
(3)法人税に関する法規
  ① 読み方・考え方 
  ② 租税特別措置法とは
  ③ 基本通達について
3.申告・納税額計算
(1)法人税額等の計算・申告
  ① 別表1について
  ② 税額控除と控除額
(2)所得金額の計算
4.所得計算のしくみ
(1)実務上の所得金額の計算方法
(2)別表4の構造
(3)税務調整について
5.益金・損金計上のルール
(1)益金の額
(2)損金の額

Ⅱ 法人税の項目別処理をみる
1.益金に関する項目
(1)受取配当等
(2)評価益
(3)還付税金
2.損金に関する項目
(1)売上原価
(2)棚卸資産の評価損
(3)有価証券
(4)減価償却資産関連
(5)資本的支出と修繕費 
(6)リース取引
(7)繰延資産 
(8)役員給与
(9)寄附金  
(10)交際費等
(11)貸倒損失 
(12)貸倒引当金
(13)租税公課 
(14)欠損金
3.その他
セミナー備考・受付後、受講票(会場地図記載)・請求書・郵便振込用紙を送付します。開催日直前のお申込みの場合、受講票がお手元に届かない場合がございます。別途ご対応させて頂きますので、実務研修センターまでご一報下さい。
・受講料は出来れば開催日前日までにお振込み下さい。お振込み日が前日までにできない場合、お申し込み時に備考欄等にお振込み予定日をご記入下さい。当日、現金でのお支払いも可能です。事務局までお越し下さい。
会場
実務研修センター
住所:東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ5階
TEL:03-5298-5491

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)