WEB

新任

  • 会計

No:119921

【経営財務テキスト講座】

企業会計ガイダンス講座~基礎から理解! 会計基準の全体像から決算業務の流れまで~(2017年6月19日収録)

公認会計士 荻窪輝明

仰星監査法人 マネージャー 
証券会社、大手監査法人、コンサルティング会社勤務を経て2013年より現職。会計監査、IPO、組織再編、事業再生等に従事の他、講演、執筆、メディア活動等を行う。
現公認会計士協会近畿会役員。ほかに、京都産業21登録専門家、公益社団法人日本証券アナリスト協会代議員、ECCビジネススクール「ファイナンシャルプランナー講座」講師等を務める。


お申込の際は、カートに入れる前に、ご利用規約のご確認をお願いします。ご利用規約は、下記セミナー概要の中のサンプル動画の上にございます。

上部の[視聴テスト/ガイド]ボタンをクリックすると視聴専用ページで視聴テストを行うことができます。Webセミナーを視聴予定の端末から、問題なく視聴できることを事前に必ずご確認ください。また、ご購入や視聴までの流れを説明したガイドもリンク先からダウンロードすることができます。こちらもあわせてご確認をお願いいたします。

収録日 2017/06/19 受講時間 120分
受講料 ¥ 7,040
視聴期限3週間
動画必ずご利用規約をご確認ください。
プレイヤーが表示されない方はこちら
内容会計制度や会計基準は、市場の要請、諸外国の制度との整合性などに対応するなかで、幾多の改正、新基準の設定等が繰り返されてきました。
このような中、膨大となったこれらの制度や決算業務の概要を体系的につかんでおくことは、普段の実務を行ううえで大いに役立ちます。
本セミナーでは、これから会計実務、決算実務に携わっていく若手の担当者や、もう一度会計制度等の体系的な理解を希望される実務担当者向けに、主要な会計基準の概要と体系、最近の会計上の論点、決算開示業務の概要などについて、基本的な内容から丁寧に解説いたします。
なお、教材には、講師オリジナル解説資料に加え、会計人必携の専門誌である弊社発行週刊「経営財務」を使用し、会計基準の全体像、決算業務の概要を理解することを目指します。

【主な解説項目】
・主な会計基準の体系と全体像
・主要な会計基準の最近の改正論点
・決算開示スケジュールの概要と最近のトピック
・法定開示書類と会計基準の関係点
・四半期、期末決算期における主な会計処理
収録内容・チャプター■動画収録内容 
1.主な会計基準の体系と全体像(21:53)
・日本の会計制度
・企業会計において準拠が求められる主な会計基準
2.主な会計基準の体系と全体像(11:57)
・繰延税金資産
3.主な会計基準の体系と全体像(11:39)
・減損会計とは何か
・ファイナンス・リース取引の会計処理のイメージ(利息法)
4.主な会計基準の体系と全体像(12:53)
・資産除去債務の会計処理
・セグメント
・のれん
5.主な会計基準の体系と全体像(25:08)
週刊「経営財務」記事紹介①(金融商品、税効果)
6.主な会計基準の体系と全体像(18:18)
週刊「経営財務」記事紹介②(退職給付会計基準、固定資産、リース、棚卸資産、セグメント等)
7.主要な会計基準の最近の改正論点(12:25)
決算開示スケジュールの概要と最近のトピック
法定開示書類と会計基準の関係点
四半期、期末決算期における 主な会計処理
備考■テキスト内容
・講師オリジナル資料
・週刊「経営財務」(一部抜粋)
◆主な会計基準の体系と全体像
No.2901 ミニファイル 有価証券の会計処理
No.3220 ミニファイル ヘッジ会計
説明資料 金融商品会計に関する実務指針 設例5,12,24
No.3148 ミニファイル 税効果会計
No.3149 ミニファイル 一時差異
No.3150 ミニファイル 繰延税金資産
No.3156 ミニファイル 法人税等調整額
No.3066 経財ニュース ASBJ 改正退職給付会計基準を公表
No.3237 ミニファイル 給付算定式基準
説明資料 退職給付に関する会計基準の適用指針 設例2
No.2916 ミニファイル 固定資産の減損・評価損
No.2815 経財ニュースASBJ 改正リース会計基準を正式公表
No.2865 ミニファイル 資産除去債務
No.3012 ミニファイル 棚卸資産の評価
No.3306 ミニファイル 正味売却価額
No.2937 経財ニュース マネジメント・アプローチ,各社の対応は?
No.2736 ミニファイル 連結基礎概念
No.2901 経財ニュース ASBJ 企業結合会計基準等を改正
No.3299 ハーフタイム IFRS 採用でのれん償却負担がなくなる?
◆主要な会計基準の最近の改正論点
No.3308 経財ニュース ASBJ 税効果開示の新基準、早期適用も認める方向
No.3304 経財ニュース ASBJ マイナス金利の取扱いで実務対応報告公表
No.3301 ミニファイル スクイーズアウト
No.3308 経財ニュース 経産省 法人税,7月総会開催なら7月末の申告可能に
◆決算開示スケジュールの概要と最近のトピック
No.3305 本誌アンケート 改正決算短信,97%が様式を使用予定
No.3306 本誌アンケート 業績予想,従来通りの表形式が大半か
No.3301 経財ニュース 経営方針等、売上高やROE 等の目標値記載は任意
No.3296 経財ニュース 未来投資会議 株主総会の招集通知添付書類,原則電子提供へ
No.3301 経財ニュース フェア・ディスクロージャー・ルール等の法案を国会提出
No.3307 JICPA 近畿会 不正会計,金融庁とJICPA で調査の一元化を
◆法定開示書類と会計基準の関係点
No.2838 ミニファイル キャッシュ・フロー計算書
◆四半期、期末決算期における 主な会計処理
No.3265 ミニファイル 四半期特有の会計処理
No.2798 ミニファイル 四半期の簡便的な処理

※テキストについては、ご購入後にご連絡いたします視聴ページにて、PDF版をダウンロードいただけます。
レコメンド

「経営財務テキスト講座」について

本講座は、ひととおりの体系的な基礎知識は身に付けたが、もっと実務レベルに引き上げたい方に最適の内容となっております。多くの実務家の皆様にご愛読いただいている「経営財務」を読み解くことでビギナーから次のステップへ着実なレベルアップを目指します。

こんな方に受講をおすすめします!
☑会計基準の概要や決算業務の流れの基本的な考え方を理解、復習したい。
☑決算実務に今後携わる予定があるため、あらましを頭に入れたい。
☑週刊「経営財務」の上手な読み方、実務への活用方法を知りたい。

※週刊「経営財務」を定期購読されていない方もご受講できます

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)