WEB

  • 会計

No:121705

週刊「経営財務」連動セミナー

いまさらきけない! 会計基準と実務のポイント 貿易実務から理解する外貨建会計基準(2018年9月14日収録)

経験の浅い経理ご担当者向け 短時間要点解説

公認会計士 安福健也

平成5年公認会計士2次試験合格、新日本有限責任監査法人において監査業務及び品質管理業務に従事するとともに、認定インストラクターとしてセミナー講師も担当。その他、日本公認会計士協会近畿実務補習所講師、関西学院会計大学院非常勤講師も勤める。

上部の[視聴テスト/ガイド]ボタンをクリックすると視聴専用ページで視聴テストを行うことができます。Webセミナーを視聴予定の端末から、問題なく視聴できることを事前に必ずご確認ください。また、ご購入や視聴までの流れを説明したガイドもリンク先からダウンロードすることができます。こちらもあわせてご確認をお願いいたします。

収録日 2018/09/14 受講時間 120 分
受講料 ¥ 12,000
視聴期限3週間
動画必ずご利用規約をご確認ください。

プレイヤーが表示されない方はこちら
内容近年適用となった会計基準や実務指針のなかには、その内容の理解が必ずしも平易でなく、会計処理自体も複雑なものが少なくありません。また、会計基準の適用当初は、関連する解説書やセミナーなど、比較的多くの機会がありましたが、適用後、数年間が経過して初めて該当する事象が発生する場合もあります。さらに、経理ご担当者が当時から交代されている場合は、会計基準はあるものの実務対応について迷われる場合もあろうかと思います。
また、昨今、仮想通貨による決済や従業員に対するストック・オプション(いわゆる日本版ESOP)の導入も検討されており経理の実務家として、まず、その内容の理解が必要となります。これらの解決のために、「経営財務」では「いまさらきけない!」として、導入済みの会計基準を中心にわかりやすく解説し、実務対応のための判断の指針をお伝えしています。
今回は、「いまさらきけない!」のセミナー版“ 第4弾” です。テキストには、週刊「経営財務」掲載の解説だけでなく、新規の論点や、講師オリジナルの解説資料を加え、経理実務と会計基準・実務指針との関係も踏まえながら、ポイントをそれぞれ2時間でコンパクトにお話します。

【主な解説項目】
(1)輸出入取引関係の会計処理
(2)貿易実務と貿易関係書類
(3)債権債務の決済実務と会計処理
(4)為替予約とヘッジ会計
(5)仮想通貨
収録内容・チャプター■動画収録内容 
1.輸出入取引関係の会計処理(19:50)
2.貿易実務と貿易関係書類(19:28)
3.債権債務の決済実務と会計処理(27:20)
4.為替予約とヘッジ会計(21:31)
5.仮想通貨(09:07)
備考テキストについては、ご購入後にご連絡いたします視聴ページにて、PDF版をダウンロードいただけます。
レコメンド

★ 外貨建取引等会計処理基準の基本的な考え方と会計処理を習得します
★ 会計処理と貿易実務との関連について、貿易関係書類を確認しながら理解します
★ 為替予約に係るヘッジ会計処理を習得します

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)