WEB

  • 国際税務関係

No:123345

ベンチマーク分析の「内製化」という選択肢~比較対象企業の選定条件と分析結果のまとめ方~<Global Tax Platform(国際税務研究会)編>(2020年8月21日収録)

公認会計士/税理士 長野弘和 氏

公認会計士/税理士 長野弘和 氏

上部の[視聴テスト/ガイド]ボタンをクリックすると視聴専用ページで視聴テストを行うことができます。Webセミナーを視聴予定の端末から、問題なく視聴できることを事前に必ずご確認ください。また、ご購入や視聴までの流れを説明したガイドもリンク先からダウンロードすることができます。こちらもあわせてご確認をお願いいたします。

収録日 2020/08/21 受講時間 134分
受講料 ¥ 20,000
視聴期限3週間
動画必ずご利用規約をご確認ください。

プレイヤーが表示されない方はこちら
内容新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、移転価格文書の見直し(コロナの影響を加味したベンチマーク分析)が必要になり、これまで以上にローカルファイルの「内製化」を検討する企業が増えています。それは、大手企業にとっては、コンプラ目的(低リスク)のTP文書であれば内製化した文書で十分と考えられるためです。また、中小企業にとっては、主に簡易移転価格調査への対応が必要と考えられますが、外部に依頼したのではコストが合わないこともあります。
その一方、内製化に躊躇する企業も多くあります。移転価格文書の内製化は「知見の蓄積が少なく、かつ労力的に難しい(人材がいない)。内製化するとリスクが高い。」という考えを持っているからです。
そのような企業に対し、このセミナーと「月刊国際税務8月号」で、ローカルファイルを内製化するためのベンチマーク分析とマインドセットについて解説します。
収録内容・チャプターチャプター1(はじめに、広く用いられている選定条件)(17:07)

チャプター2(各選定条件の考え方)(58:57)

チャプター3(定性的な情報を用いた分析、分析結果のまとめ方、ベンチマーク分析を実施する上での留意事項)(58:19)
備考※注 「セミナー無料クーポン」はご利用いただけません。
※国際税務研究会P会員・R会員、またはWebセミナー定額プランをご利用の方は、各会員サイトにてご視聴頂けます。
ご不明な点は、国際税務研究会事務局(kokusai@zeiken.co.jp)までお問合せください。