WEB

  • 会計

No:119083

【経営財務テキスト講座】

退職給付会計 ~基礎的な解説から最新の動向まで~(2016年9月6日収録)

公認会計士  許仁九

仰星監査法人 社員
上場会社の金融商品取引法監査、会社法監査をはじめとした法定監査業務に従事。株式公開支援、企業再生支援等のコンサルティング業務や財務デュー・ディリジェンス、バリュエーション業務(株式評価等)も数多く経験。【著書】「合併・分割・株式交換等の実務」(仰星監査法人編著)他


お申込の際は、カートに入れる前に、ご利用規約のご確認をお願いします。ご利用規約は、下記セミナー概要の中のサンプル動画の上にございます。

上部の[視聴テスト/ガイド]ボタンをクリックすると視聴専用ページで視聴テストを行うことができます。Webセミナーを視聴予定の端末から、問題なく視聴できることを事前に必ずご確認ください。また、ご購入や視聴までの流れを説明したガイドもリンク先からダウンロードすることができます。こちらもあわせてご確認をお願いいたします。

収録日 2016/09/06 受講時間 180分
受講料 ¥ 10,120
視聴期限3週間
動画必ずご利用規約をご確認ください。

プレイヤーが表示されない方はこちら
内容平成25年から改正されている退職給付会計ですが、依然として複雑な計算を要する点が多く実務上の難題のひとつとなっています。また、金利動向によって計上額が影響されやすいことから、足元の経済環境を踏まえたうえで適切な判断を行うことが要求されています。このため、会計上の損益を正しく表す退職給付会計を理解することの重要性はますます高まっています。
本講座では、退職給付会計を実際に行っている企業担当者や、適用を検討している方々のため、基本的な考え方から会計処理の方法まで網羅的に解説いたします。
なお、教材には会計人必携の専門誌である弊社発行週刊「経営財務」を使用し、我が国における本制度導入の背景から、現在もASBJのもと検討が進められているルール見直しの現状まで、その経緯をたどることで基準の本質を理解することを目指します。

【主な解説項目】
・退職給付会計基準の概要
・改正基準と従前の会計基準との相違点の整理
・退職給付債務、勤務費用の計算方法
・予想昇給率の見直し
・期間定額基準と給付算定基準
・割引率
・利息費用、期待運用収益、過去勤務債務等
・年金資産
・数理計算上の差異
・未認識項目の即時認識
・簡便法
・退職給付会計基準の改正を踏まえた財務諸表の表示、注記
収録内容・チャプター■動画収録内容 
1.退職給付制度の種類、退職給付会計の概要、改正基準と従前の会計基準との相違点の整理(22:37)
2.退職給付債務、勤務費用の計算方法の概要、予想昇給率の取扱い(16:10)
3.期間定額基準と給付算定式基準(15:53)
4.割引率の見直し(18:32)
5.年金資産、数理計算上の差異、過去勤務費用(14:20)
6.未認識項目の即時認識(14:59)
7.会計基準の改正を踏まえた財務諸表の開示、注記_他(18:37)
備考■テキスト内容
・講師オリジナル資料
・週刊「経営財務」(一部抜粋)
◆改正基準と従前の会計基準との相違点の整理
No.3064 経財ニュース 退職給付会計基準を改正
No.3066 経財ニュース 改正退職給付会計基準を公表
No.3070 ミニファイル 退職給付基準の新用語
No.3166 経財ニュース 改正退給基準の対応状況に関するアンケート調査結果
◆退職給付債務、勤務費用の計算方法
No.3129 ミニファイル 転がし方式
No.3141 ミニファイル イールドカーブ直接法と重要性基準
No.3067 ミニファイル 割引計算の見直しと重要性基準
◆予想昇給率の見直し
No.3120 トピックスプラス 昇給率の見直しの影響は?
◆期間定額基準と給付算定式基準
No.3123 経財ニュース 期間定額か、給付算定か
No.3124 ミニファイル 著しく後加重?
No.3180 経財ニュース 改正退給基準 9 割強が「給付算定式基準」を選択
No.3237 ミニファイル 給付算定式基準
◆割引率
No.3269 経財ニュース ASBJ マイナス金利は状況見ながら対応
No.3252 経財ニュース 「ゼロ」と「マイナス」、3 月期はいずれも可
No.3257 ハーフタイム 退職給付債務の割引率
No.3196 経財ニュース 改正退給基準 割引率の設定方法は?
No.3138 経財ニュース 退給基準の「重要性基準」の取扱いで見解
◆年金資産
No.3142 ミニファイル 年金資産
No.3192 トピックスプラス 長期期待運用収益率の設定方法の注記
◆数理計算上の差異、過去勤務費用
No.3141 トピックスプラス 数理計算上の差異等の処理年数変更
No.3149 ミニファイル 過去勤務費用
◆未認識項目の即時認識
No.3147 トピックスプラス 持分法適用会社の未認識項目も反映
No.3253 ミニファイル 会計基準変更時差異
◆複数事業主制度
No.3068 ミニファイル 複数事業主制度
◆会計基準の改正を踏まえた財務諸表の開示、注記
No.3134 トピックスプラス 連単分離と連結財務諸表非作成会社
No.3174 トピックスプラス 年金資産の内訳開示
No.3116 ミニファイル 計算書類における退給の注記
No.3201 経財ニュース 退給、企業結合等で記載不十分
◆その他
No.3263 経財ニュース リスク分担型企業年金 会計処理案を公表

※テキストについては、ご購入後にご連絡いたします視聴ページにて、PDF版をダウンロードいただけます。
レコメンド

「経営財務テキスト講座」について
本講座は、ひととおりの体系的な基礎知識は身に付けたが、もっと実務レベルに引き上げたい方に最適の内容となっております。多くの実務家の皆様にご愛読いただいている「経営財務」を読み解くことでビギナーから次のステップへ着実なレベルアップを目指します。

こんな方に受講をおすすめします!
□退職給付会計の基本的な考え方や会計処理の方法を理解したい。
□退職給付会計の適用や見直しを現在検討しており、あらましを頭に入れたい。
□週刊「経営財務」の“じょうずな”読み方・使い方、実務への活用方法を知りたい。

※週刊「経営財務」を定期購読されていない方もご受講できます。

(注)空席状況について
「残席僅か」の場合、お申込みのタイミングによっては、満席のためお申込みをお受けできない場合もございますのでご了承ください。残席の詳細につきましては、各研修会主催事務局へお問合せください。

(注)会員・読者・一般の区分について
(1)会員:税務研究会 企業懇話会 税理士懇話会 国際税務研究会
(2)読者:弊社発行の定期刊行情報誌「税務通信、経営財務、税務QA、国際税務」のいずれかを定期購読されている方です。
(3)一般:上記(1)、(2)以外の方です。
(特別研修、特定の会員に限定している一部のセミナー等については上記区分によらず、各案内にその旨記載しています。)