• 消費税

新設法人の消費税の納税義務判定もわかりやすく解説!

直近の改正を中心とした

消費税 納税義務判定の実務

渡辺章 著

A5判 228頁
2017年8月刊行
ISBN978-4-7931-2256-9

¥ 1,944(税込)

数量

●消費税の納税義務に関しては絶対にミスが許されません。消費税全体にかかわる問題で、課税区分を一つ間違えるのとは訳が違います。しかし、その制度は複雑であり、納税義務者か否か誤ると大きな問題になります。

●そこで本書では、調整対象固定資産を取得時の特例、特定期間の特例、特定新規設立法人の特例、高額特定資産を取得時の特例など、消費税の納税義務判定に際して、注意すべき点をコンパクトにまとめました。

●また、これらの特例を理解するための納税義務の基礎と各種特例の詳細な内容解説を盛り込み、特に留意すべきケースについても図解を入れて、分かりやすく解説しております。

主要目次

第1章 納税義務者

第2章 納税義務の免除

第3章 課税事業者の選択

第4章 特定期間による特例

第5章 相続、合併、分割等の特例

第6章 新設法人に関する特例

第7章 棚卸資産や固定資産を取得した場合の特例

第8章 特定非常災害が発生した場合の特例

参考資料 納税義務の判定と各種届出書