• 法人税関係
  • 消費税
  • 会計

改訂

改正収益認識会計基準をふまえた決定版!!

改訂版

「収益認識会計基準と税務」 完全解説

太田達也 著

A5判 376頁
2020年6月刊行
ISBN978-4-7931-2555-3

¥ 2,640(税込)

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください



●企業会計基準委員会(ASBJ)より、令和2年3月31日付で、「収益認識に関する会計基準」の改正が公表されました。財務諸表の注記事項の定めを中心とする改正が行われ、これにより「収益認識に関する会計基準」の最終版が確定しました。

●改正後の「収益認識に関する会計基準」は、令和3年4月1日以後に開始する連結会計年度および事業年度の期首から適用されます。

●改訂版では、「改正収益認識に関する会計基準」で定められた注記事項の取扱いを、具体例を盛込み解説しています。また、各章にわたり、会計・法人税・消費税の取扱いに関して、図表・設例の追加や加筆を大幅に行い、より充実した内容となっています。

主要目次

第1章 企業会計原則の考え方
 1 実現主義の考え方
 2 特殊な販売取引

第2章 収益認識会計基準の基本的内容
 1 適用の範囲
 2 用語の定義
 3 基本的な考え方(資産・負債アプローチ)
 4 IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」との関係
 5 5つのステップ(適用手順)

第3章 適用上の5つのステップ
 1 顧客との契約の識別
 2 契約における履行義務の識別
 3 取引価格の算定
 4 取引価格の契約における履行義務への配分
 5 履行義務の充足時における収益の認識

第4章 個別論点
 1 ポイント制度
 2 返品権付取引
 3 商品券等
 4 本人取引か代理人取引か
 5 有償支給取引
 6 請求済未出荷契約
 5 買戻契約

第5章 工事契約
 1 一定期間にわたって充足される履行義務とされる要件
 2 進捗度の見積方法
 3 原価回収基準
 4 代替的な取扱い
 5 契約の結合
 6 契約の変更
 7 工事契約等から損失が見込まれる場合の取扱い
 8 税務との関係

第6章 役務の提供
 1 一定期間にわたり充足される履行義務とされる要件
 2 一時点で充足される履行義務に該当する場合
 3 進捗度の見積方法
 4 契約の変更
 5 法人税法上の取扱い
 6 消費税法上の取扱い

第7章 ライセンス契約
 1 ライセンス契約の会計処理
 2 フランチャイズ権
 3 法人税法上の取扱い
 4 消費税法上の取扱い

第8章 顧客からの返金が不要な支払
 1 入会金等に係る会計処理
 2 法人税法上の取扱い
 3 消費税法上の取扱い

第9章 法人税法上の取扱い
 1 法人税法上の益金に算入すべき額
 2 法人税法上の益金の算入の時期
 3 収益の計上単位
 4 ポイント制度その他の個別論点

第10章 消費税の処理に係る実務上の対応(会計、法人税との乖離の問題)
 1 ポイント
 2 重要な金融要素
 3 変動対価 
 4 返品権付取引
 5 商品券等
 6 消化仕入れ

第11章 業種別の論点
 1 製品の販売取引
 2 商品の販売取引
 3 建設業
 4 商社の取引
 5 百貨店・小売業
 6 電気・ガス事業
 7 船舶による運送
 8 輸出取引
 9 不動産業
 10 モバイルコンテンツ関連事業

第12章 開示 
 1 貸借対照表の表示
 2 損益計算書
 3 注記
 4 連結財務諸表を作成している場合の個別財務諸表における表示および注記事項
 5 開示に係る経過措置
 6 開示例

第13章 適用時期
 1 適用時期の定め
 2 適用初年度に係る経過措置
 3 遡及適用した場合と適用初年度の累積的影響額を適用初年度の期首の利益剰余金に加減する処理をした場合の相違
 4 法人税との関係

<参考1> 影響を受けると考えられる会計処理
<参考2> 代替的な取扱い