• 税務一般・その他税法

信託の法務・税務とその活用のしかたを体系的・網羅的に解説!

信託の全景

~法務・税務・活用~

安井和彦
増渕実 共著

A5判 452頁
2021年4月刊行
ISBN978-4-7931-2609-3

¥ 3,300(税込)

一般価格
※会員価格は適用されません。会員制度ご契約中の方は会員サイトを経由してください。

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください



★購入者特典 電子版が無料でご利用頂けます!
無料電子書籍「税研Books」はこちら

●信託の活用の幅は、家族信託、事業信託、家産承継のための信託や資産の流動化のための信託など多岐にわたります。それにより、信託税制での分類も数多くあり、課税関係が複雑になっていることから、信託の取扱いには細心の注意が必要です。

●本書は、信託に関する取扱いを税務の視点で、体系的・網羅的に解説をしています。

●第1編では信託法について、第2編では信託税制について、それぞれ図表を用いて体系的にまとめています。そして、第3編では、信託の活用のパターン・課税関係・留意事項について、56のQAで解説をしています。

●本書を、信託を使おうと考えている方々がその使い方を誤り、大けがをしないための道しるべとしてお役立てください。

※本書の内容は、令和3年3月1日現在の法令・通達に基づいています。

主要目次

第1編 信託法
 第1章 信託の概要
 第2章 信託の委託者
 第3章 信託の受託者
 第4章 信託の受益者
 第5章 信託管理人・信託監督人・受益者代理人
 第6章 信託の変更、併合及び分割
 第7章 信託の終了及び清算
 第8章 信託の種類
 第9章 信託の利用方法
 第10章 信託に係る法規制

第2編 信託と税務
 第1章 信託税制の概要
 第2章 信託の税法上の分類
 第3章 受益者等課税信託
 第4章 法人課税信託
 第5章 特定受益証券発行信託
 第6章 その他の信託の種類と収益の分配に係る所得区分
 第7章 信託に関する相続税法の特例
 第8章 信託に関する消費税法の特例
 第9章 信託に関するその他の税法の特例
 第10章 地方税法の取扱い
 第11章 法定調書
 第12章 信託の会計
 第13章 信託と国際課税

第3編 信託の活用事例と留意点
 第1章 受益者等課税信託
 第2章 遺言信託と遺言代用信託
 第3章 受益者連続型信託
 第4章 受益者等が存しない信託
 第5章 事業信託
 第6章 受益証券発行信託
 第7章 特定受益証券発行信託
 第8章 信託と税務申告