• 税務一般・その他税法

改訂

法人の生命保険の経理処理を基本から応用まで完全網羅!

改訂版

通達から読み解く保険税務

山本英生 著

A5判 200頁
2022年1月刊行
ISBN978-4-7931-2659-8

¥ 1,760(税込)

一般価格
※会員価格は適用されません。会員制度ご契約中の方は会員サイトを経由してください。

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください



【どんな本?】
○本書は、さまざまな種類の保険料の経理処理のしかたについて、通達を読み解きながらわかりやすく解説しています。明確な定めのない処理については、その旨を指摘し、実務ではどのように処理をしているかを記載しています。

○保険を契約し、保険料を支払い始めるところから、契約期間中のさまざまな手続き(契約者・受取人の変更、転換、払済、延長、給付金・保険金の支払いなど)、そして、死亡、満期、解約などで契約が消滅するまでの経理処理を完全網羅しています。

○いわゆる「節税保険」と呼ばれる中小企業経営者向けの保険の税務上の取扱いを見直すため、令和元年6月に法人税基本通達の一部改正が行われました。
改訂版では、初版刊行後に公表された「定期保険及び第三分野保険に係る保険料の取扱いに関するFAQ」や趣旨説明に基づき、令和元年6月改正の背景や詳細についての解説を追加しました。

○また、令和3年6月に所得税基本通達が改正され、低解約返戻保険型保険等の名義変更の際の評価方法が改正されました。この改正についても説明しています。

【著者紹介】
山本英生税理士事務所 所長
税理士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP○R
厚生労働省 ファイナンシャル技能検定 技能検定委員
神戸大学法学部大学院前期課程(修士)修了
明治安田生命保険相互会社 顧問
大学卒業後、明治生命保険相互会社(現明治安田生命保険相互会社)に勤務、営業教育部長などを歴任後、円満退社し現職
著書に『保険税務Q&A』(税務研究会出版局)など多数

主要目次

第1章 生命保険の基本
1 生命保険の基本的形態
2 生命保険の機能
3 生命保険の法的性格
4 保険数理

第2章 保険料
1 養老保険
2 定期保険および第三分野保険に係る保険料の原則的な取扱い
3 定期保険等の保険料に相当多額の前払部分の保険料が含まれる場合の取扱い
4 令和元年7月7日以前の逓増定期保険、長期平準定期保険の契約に係る保険料の取扱い
5 令和元年7月7日以前のがん保険(終身保障タイプ)・令和元年10月7日以前の医療保険(終身保障タイプ)の契約に係る保険料の取扱い
6 令和元年7月7日以前の長期傷害保険の契約に係る保険料の取扱い
7 定期付養老保険等
8 特約
9 終身保険
10 個人年金保険
11 転換
12 個人事業主

第3章 保全
1 契約者配当金
2 払済保険
3 延長定期保険
4 失効
5 名義変更―契約者変更
6 生存給付金

第4章 死亡・満期・解約(消滅)
1 収入保障保険、年金払特約付養老保険(法人受取契約)
2 個人年金保険―死亡給付金・年金の受取り
3 給与課税された保険の解約
4 保険金の計上時期

第5章 まとめ