• 法人税関係
  • 会計

改訂

リース取引実務の会計処理・税務処理のすべてを網羅した実務家必携書!9年ぶりの改訂!

【第5版】 
キーワードでわかる

リースの法律・会計・税務

井上雅彦 著

A5判 610頁
2017年2月刊行
ISBN978-4-7931-2230-9

¥ 3,672(税込)

数量

リース取引を有効に活用し、実体に応じた適切な処理をするためには、その仕組みを十分に理解する必要があります。
本書は、法律上、会計上、税務上のリースの取扱いを相互に関連付けて解説することで、これ一冊で必要な知識を得られるよう工夫しており、下記のような特長があります。

●会計処理・税務処理を実務の流れに沿って借手・貸手それぞれの立場からわかりやすく解説しています。

●金融商品会計や減損会計などの最新の会計基準とリース会計基準との関係も説明しています。

●設例や図表、仕訳を多用しています。

●重要な用語を「キーワード」として整理し、コンパクトに解説しており、より深い理解が得られます。

●第5版では、前版(三訂版)刊行以後の改正事項等を織り込み、下記の加筆・修正を行っています。
① 2016年1月に公表された国際会計基準(IFRS)の新基準「IFRS第16号 リース」について、新たに章を設けて詳しく解説しています。
② 最新の会計基準に対応し、会計実務に及ぼす影響について大幅に加筆しています。
③ 税務については、平成28年度税制改正までを織り込んでいます。

●企業の財務・経理担当者等、リース取引の実務に携わる方々に最適の一冊です。

●平成29年1月1日現在公表されている法令、通達等に基づいています。

主要目次

第1章 リース取引の仕組みとリースに関する基本的な法律関係

第2章 リース会計基準及び適用指針
    (平成20年4月1日以降開始年度より適用)

第3章 リース取引実務に関する会計処理

第4章 新しいリース取引や他の会計基準がリース会計実務に及ぼす影響

第5章 IFRS第16号「リース」の概要

第6章 リース取引と税務
    平成19年度税制改正に伴うリース税制の改正

第7章 リース取引実務を巡るその他の法律上、監査上の留意点

<巻末資料>
改正前リース税制 リース取引と税務1 リース関連税制総論編
改正前リース税制 リース取引と税務2 個別論点編

リース契約書(参考)
プログラム・リース契約書(参考)
キーワード索引