• 人事労務・その他

事業の健全性判断から実務対応まで事業承継・M&Aをわかりやすく解説!

ゼロからわかる事業承継・M&A90問90答

植木康彦 編著
高井章光 榑林一典 宇野俊英 上原久和 共著

A5判 440頁
2020年4月刊行
ISBN978-4-7931-2543-0

¥ 2,860(税込)

数量

各種オンライン書店(Amazon、楽天ブックス)でもご購入いただけます。
※オンライン書店から購入される場合、会員価格は適用されませんのでご注意ください



★購入者特典 電子版が無料でご利用頂けます!
https://www.zeiken.co.jp/lp/zeikenbooks/

●事業承継には親族承継、役員・従業員承継、第三者承継(M&A)の3つがありますが、事業承継やM&Aのプレーヤーはまだまだ少なく、中小企業経営者の良き相談役である会計事務所や法律事務所がもっとこの分野に関与することが期待されています。

●本書は、事業承継時に想定される税務、法務、M&Aなどに関して、それぞれの分野の専門家が実務上起こりうる問題点を踏まえてQ&A形式でわかりやすく解説しています。

●本書の特徴として、
・ベーシックな「事業承継の進め方」を押さえることができること
・M&Aに関する説明が充実していること
・実務で役立つ図解、フローチャート、チェックリストを多数収録していること
があげられます。

●巻末に索引を付しています。

●また、購入者特典として、無料で電子版がご利用いただけます。

●会計事務所や法律事務所など事業承継・M&Aの業務を担う方々が、アドバイザーとしての職務をスムーズに遂行するために役立つ一冊です。

主要目次

第1章 概論
 ・なぜいま事業承継が問題となっているのか
 ・数字に見る事業承継の実態
 ・増加を続ける休廃業・解散
 ・事業承継におけるM&Aの役割  他

第2章 事業承継の進め方
 ・事業承継の進め方
 ・後継者候補3類型のメリット・デメリット
 ・税務上の株式評価方式と特例事業承継税制との関係
 ・課題の拾い出しと対応  他

第3章 事業が健全であるかを判定する
 ・事業が健全かそうでないかの判別
 ・経営分析の方法
 ・コアコンピタンスの認識
 ・SWOT分析の例  他

第4章 事業が不健全であると判定されたとき
 ・磨き上げとは、その方法は
 ・B/Sのスリム化とP/Lの改善
 ・債務超過の場合の金融機関交渉・対策
 ・事業再生手続の選択(自主再建の場合)他

第5章 事業承継の実務 ~親族に承継させるとき ①特例事業承継税制の活用
 ・無税で株式相続又は贈与ができる方法とは
 ・特例事業承継税制の要件(入口要件と事後要件)
 ・特例承継計画の作成方法
 ・会社分割、合併、株式交換等の組織再編成を要するケース
 ・逆さ合併で時間を節約する方法
 ・複数の後継者がいる場合の対応  他

第6章 事業承継の実務 ~親族に承継させるとき ②会社規模が小さいとき
 ・持株会を利用する方法
 ・種類株式の税制利用
 ・自己株式とする方法
 ・役員退職金を支給する
 ・株式評価を下げる方法  他

第7章 事業承継の実務 ~従業員・役員に承継させるとき
 ・経営者保証ガイドラインの活用
 ・経営権委譲後の前社長の保証問題
 ・オーナー企業における株主対策
 ・経営権争奪の紛争が生じた場合の対応
 ・資金調達の方法  他

第8章 事業承継の実務 ~後継者が不在なとき
 ・後継者が悩んだ時の相談相手
 ・情報管理の徹底
 ・譲渡・M&Aにおいて準備すべきこと
 ・デューデリジェンスの役割と基礎
 ・仲介会社とM&Aプラットフォームの特徴
 ・取引先との契約関係における注意点  他

第9章 廃業を選択するとき
 ・廃業の方法
 ・債務超過の場合の廃業方法
 ・廃業の税務