知ってる?消費税

2019年10月より消費税率が10%となります。
ご家庭、企業ともに正しい知識を得て、しっかりと備えましょう。

8%、10%どっち?軽減税率で変わる主婦の視点

8%、10%どっち?軽減税率で変わる主婦の視点
はなちゃん
はなちゃん
家族を守る為に、お金についての勉強を日々重ねるお母さん。
としこ
としこ
お金が好きな小学生。勤勉で優等生タイプ。

登場人物

しっかり者のとしこを連れてスーパーにやってきたはなちゃん。
育ち盛りの子供たちの食費がかさむ中、10月からは消費税が上がると聞いてさらにゲンナリしているのであった。

はなちゃんはなちゃん
今日の夕飯は煮物にしようかしら。そういえばみりんを切らしていたわね。えーっと、いつも使ってるみりんはっと・・・
お母さんチョット待って。そのみりんって「本みりん」?
としことしこ
はなちゃんはなちゃん
ええ。うちでいつも使ってるのはコレだけど。
ダメダメ、ちゃんと軽減税率の対象になる「みりん風調味料」を買わなきゃ。
としことしこ
はなちゃんはなちゃん
みりん風調味料?何言ってるのとしこ。みりんは食料品でしょ?食料品は軽減税率の対象になるから消費税は8%よね。それくらい私でも知ってるわ。
ビールなどのアルコール類が軽減税率の対象にならないのは知ってるわよね?
としことしこ
はなちゃんはなちゃん
ええ、でもみりんはビールや焼酎とは違うじゃない。
たしかにみりんは調味料で使われることがほとんどよね。だけど「本みりん」は酒類に分類されるのよ。
としことしこ
はなちゃんはなちゃん
それってつまり・・・
そう、本みりんは消費税率10%、みりん風調味料は消費税率8%ということなの。
としことしこ

ワンポイント

「本みりん」と「みりん風調味料」ここで疑問になるのが、「なぜ消費税が違うの?」ということでしょう。
実はこれ、アルコール分が関係しています。というのも、みりんは大きく分けると、「本みりん」と「みりん風調味料」に分類されて、本みりんのアルコール分が13~14度に対し、みりん風調味料は1度未満のものがほとんどです。

そして、10月1日から開始される軽減税率制度では、酒税法に規定する酒類は軽減税率の適用対象である「飲食料品」から除かれています。つまり、酒類にあたるものは軽減税率の対象外であるため、「本みりん(アルコール13~14度)=標準税率10%」、「みりん風調味料(アルコール1度未満のもの)=軽減税率8%」となるんです。
また、酒類と同様、軽減税率の適用対象である「飲食料品」から除かれているものとして、ペットフードが上げられます。たとえ「人が食べても問題ありません」という謳い文句の商品でも、販売する事業者側が「これは人の食用品として販売していますよ」という前提がない場合は、消費税率は10%となります。

はなちゃんはなちゃん
いくら人も食べられるとはいってもペットフードは10%なのね…。それなら逆にこの「猫も食べられる食用のサバ缶」をペットの餌としてあげたら、これは8%で済むってことになるのね?
ええ、そうなるわね。だけど人が食べるサバ缶は塩分が多いから猫の餌にはおすすめできないわ。
としことしこ
はなちゃんはなちゃん
あなた何でも知ってるのね。