金融商品取引法(抄) 第166条 会社関係者の禁止行為

次の各号に掲げる者以下この条において「会社関係者」という。であつて、上場会社等に係る業務等に関する重要事実当該上場会社等の子会社に係る会社関係者当該上場会社等に係る会社関係者に該当する者を除く。については、当該子会社の業務等に関する重要事実であつて、次項第5号から第8号までに規定するものに限る。以下同じ。を当該各号に定めるところにより知つたものは、当該業務等に関する重要事実の公表がされた後でなければ、当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買その他の有償の譲渡若しくは譲受け、合併若しくは分割による承継合併又は分割により承継させ、又は承継することをいう。又はデリバティブ取引以下この条、第167条の2第1項、第175条の2第1項及び第197条の2第14号において「売買等」という。をしてはならない。当該上場会社等に係る業務等に関する重要事実を次の各号に定めるところにより知つた会社関係者であつて、当該各号に掲げる会社関係者でなくなつた後1年以内のものについても、同様とする。

  • 一 当該上場会社等当該上場会社等の親会社及び子会社並びに当該上場会社等が上場投資法人等である場合における当該上場会社等の資産運用会社及びその特定関係法人を含む。以下この項において同じ。の役員会計参与が法人であるときは、その社員、代理人、使用人その他の従業者以下この条及び次条において「役員等」という。 その者の職務に関し知つたとき。
  • 二 当該上場会社等の会社法第433条第1項に定める権利を有する株主若しくは優先出資法に規定する普通出資者のうちこれに類する権利を有するものとして内閣府令で定める者又は同条第3項に定める権利を有する社員これらの株主、普通出資者又は社員が法人法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものを含む。以下この条及び次条において同じ。であるときはその役員等を、これらの株主、普通出資者又は社員が法人以外の者であるときはその代理人又は使用人を含む。 当該権利の行使に関し知つたとき。
  • 二の二 当該上場会社等の投資主投資信託及び投資法人に関する法律第2条第16項に規定する投資主をいう。以下この号において同じ。又は同法第128条の3第2項において準用する会社法第433条第3項に定める権利を有する投資主これらの投資主が法人であるときはその役員等を、これらの投資主が法人以外の者であるときはその代理人又は使用人を含む。 投資信託及び投資法人に関する法律第128条の3第1項に定める権利又は同条第2項において準用する会社法第433条第3項に定める権利の行使に関し知つたとき。
  • 三 当該上場会社等に対する法令に基づく権限を有する者 当該権限の行使に関し知つたとき。
  • 四 当該上場会社等と契約を締結している者又は締結の交渉をしている者その者が法人であるときはその役員等を、その者が法人以外の者であるときはその代理人又は使用人を含む。であつて、当該上場会社等の役員等以外のもの 当該契約の締結若しくはその交渉又は履行に関し知つたとき。
  • 五 第2号、第2号の2又は前号に掲げる者であつて法人であるものの役員等その者が役員等である当該法人の他の役員等が、それぞれ第2号、第2号の2又は前号に定めるところにより当該上場会社等に係る業務等に関する重要事実を知つた場合におけるその者に限る。 その者の職務に関し知つたとき。

2 前項に規定する業務等に関する重要事実とは、次に掲げる事実第1号、第2号、第5号、第6号、第9号、第10号、第12号及び第13号に掲げる事実にあつては、投資者の投資判断に及ぼす影響が軽微なものとして内閣府令で定める基準に該当するものを除く。をいう。

  • 一 当該上場会社等上場投資法人等を除く。以下この号から第8号までにおいて同じ。の業務執行を決定する機関が次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 会社法第199条第1項に規定する株式会社の発行する株式若しくはその処分する自己株式を引き受ける者協同組織金融機関が発行する優先出資を引き受ける者を含む。の募集処分する自己株式を引き受ける者の募集をする場合にあつては、これに相当する外国の法令の規定当該上場会社等が外国会社である場合に限る。以下この条において同じ。によるものを含む。又は同法第238条第1項に規定する募集新株予約権を引き受ける者の募集
    • ロ 資本金の額の減少
    • ハ 資本準備金又は利益準備金の額の減少
    • ニ 会社法第156条第1項同法第163条及び第165条第3項の規定により読み替えて適用する場合を含む。の規定又はこれらに相当する外国の法令の規定当該上場会社等が外国会社である場合に限る。以下この条において同じ。による自己の株式の取得
    • ホ 株式無償割当て又は新株予約権無償割当て
    • ヘ 株式優先出資法に規定する優先出資を含む。の分割
    • ト 剰余金の配当
    • チ 株式交換
    • リ 株式移転
    • ヌ 合併
    • ル 会社の分割
    • ヲ 事業の全部又は一部の譲渡又は譲受け
    • ワ 解散合併による解散を除く。
    • カ  新製品又は新技術の企業化
    • ヨ 業務上の提携その他のイからカまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 二 当該上場会社等に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
    • ロ 主要株主の異動
    • ハ 特定有価証券又は特定有価証券に係るオプションの上場の廃止又は登録の取消しの原因となる事実
    • ニ イからハまでに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 三 当該上場会社等の売上高、経常利益若しくは純利益以下この条において「売上高等」という。若しくは第1号トに規定する配当又は当該上場会社等の属する企業集団の売上高等について、公表がされた直近の予想値当該予想値がない場合は、公表がされた前事業年度の実績値に比較して当該上場会社等が新たに算出した予想値又は当事業年度の決算において差異投資者の投資判断に及ぼす影響が重要なものとして内閣府令で定める基準に該当するものに限る。が生じたこと。
  • 四 前3号に掲げる事実を除き、当該上場会社等の運営、業務又は財産に関する重要な事実であつて投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの
  • 五 当該上場会社等の子会社の業務執行を決定する機関が当該子会社について次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 株式交換
    • ロ 株式移転
    • ハ 合併
    • ニ 会社の分割
    • ホ 事業の全部又は一部の譲渡又は譲受け
    • ヘ 解散合併による解散を除く。
    • ト 新製品又は新技術の企業化
    • チ 業務上の提携その他のイからトまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 六 当該上場会社等の子会社に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
    • ロ イに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 七 当該上場会社等の子会社第2条第1項第5号、第7号又は第9号に掲げる有価証券で金融商品取引所に上場されているものの発行者その他の内閣府令で定めるものに限る。の売上高等について、公表がされた直近の予想値当該予想値がない場合は、公表がされた前事業年度の実績値に比較して当該子会社が新たに算出した予想値又は当事業年度の決算において差異投資者の投資判断に及ぼす影響が重要なものとして内閣府令で定める基準に該当するものに限る。が生じたこと。
  • 八 前3号に掲げる事実を除き、当該上場会社等の子会社の運営、業務又は財産に関する重要な事実であつて投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの
  • 九 当該上場会社等上場投資法人等に限る。次号から第14号までにおいて同じ。の業務執行を決定する機関が次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 資産の運用に係る委託契約の締結又はその解約
    • ロ 投資信託及び投資法人に関する法律第82条第1項に規定する投資法人の発行する投資口を引き受ける者の募集
    • ハ 投資信託及び投資法人に関する法律第80条の2第1項(同法第80条の5第2項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定による自己の投資口の取得
    • ニ 投資信託及び投資法人に関する法律第88条の13に規定する新投資口予約権無償割当て
    • ホ 投資口の分割
    • ヘ 金銭の分配
    • ト 合併
    • チ 解散合併による解散を除く。
    • リ イからチまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 十 当該上場会社等に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
    • ロ 特定有価証券又は特定有価証券に係るオプションの上場の廃止又は登録の取消しの原因となる事実
    • ハ イ又はロに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 十一 当該上場会社等の営業収益、経常利益若しくは純利益第4項第2号において「営業収益等」という。又は第9号ヘに規定する分配について、公表がされた直近の予想値当該予想値がない場合は、公表がされた前営業期間投資信託及び投資法人に関する法律第129条第2項に規定する営業期間をいう。以下この号において同じ。の実績値に比較して当該上場会社等が新たに算出した予想値又は当営業期間の決算において差異投資者の投資判断に及ぼす影響が重要なものとして内閣府令で定める基準に該当するものに限る。が生じたこと。
  • 十二 当該上場会社等の資産運用会社の業務執行を決定する機関が当該資産運用会社について次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 当該上場会社等から委託を受けて行う資産の運用であつて、当該上場会社等による特定資産投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項に規定する特定資産をいう。第5項第2号において同じ。の取得若しくは譲渡又は貸借が行われることとなるもの
    • ロ 当該上場会社等と締結した資産の運用に係る委託契約の解約
    • ハ 株式交換
    • ニ 株式移転
    • ホ 合併
    • ヘ 解散合併による解散を除く。
    • ト イからヘまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 十三 当該上場会社等の資産運用会社に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 第52条第1項の規定による第29条の登録の取消し、同項の規定による当該上場会社等の委託を受けて行う資産の運用に係る業務の停止の処分その他これらに準ずる行政庁による法令に基づく処分
    • ロ 特定関係法人の異動
    • ハ 主要株主の異動
    • ニ イからハまでに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 十四 第9号から前号までに掲げる事実を除き、当該上場会社等の運営、業務又は財産に関する重要な事実であつて投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの

3 会社関係者第1項後段に規定する者を含む。以下この項において同じ。から当該会社関係者が第1項各号に定めるところにより知つた同項に規定する業務等に関する重要事実の伝達を受けた者同項各号に掲げる者であつて、当該各号に定めるところにより当該業務等に関する重要事実を知つたものを除く。又は職務上当該伝達を受けた者が所属する法人の他の役員等であつて、その者の職務に関し当該業務等に関する重要事実を知つたものは、当該業務等に関する重要事実の公表がされた後でなければ、当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買等をしてはならない。

4 第1項、第2項第1号、第3号、第5号、第7号、第9号、第11号及び第12号並びに前項の公表がされたとは、次の各号に掲げる事項について、それぞれ当該各号に定める者により多数の者の知り得る状態に置く措置として政令で定める措置がとられたこと又は当該各号に定める者が提出した第25条第1項第27条において準用する場合を含む。に規定する書類同項第11号に掲げる書類を除く。にこれらの事項が記載されている場合において、当該書類が同項の規定により公衆の縦覧に供されたことをいう。

  • 一 上場会社等に係る第1項に規定する業務等に関する重要事実であつて第2項第1号から第8号までに規定するもの、上場会社等上場投資法人等を除く。以下この号において同じ。の業務執行を決定する機関の決定、上場会社等の売上高等若しくは同項第1号トに規定する配当、上場会社等の属する企業集団の売上高等、上場会社等の子会社の業務執行を決定する機関の決定又は上場会社等の子会社の売上高等 当該上場会社等又は当該上場会社等の子会社子会社については、当該子会社の第1項に規定する業務等に関する重要事実、当該子会社の業務執行を決定する機関の決定又は当該子会社の売上高等に限る。
  • 二 上場投資法人等に係る第1項に規定する業務等に関する重要事実であつて第2項第9号若しくは第11号に規定するもの、上場投資法人等の業務執行を決定する機関の決定又は上場投資法人等の営業収益等若しくは同項第9号ヘに規定する分配 当該上場投資法人等
  • 三 上場投資法人等に係る第1項に規定する業務等に関する重要事実であつて第2項第12号に規定するもの又は上場投資法人等の資産運用会社の業務執行を決定する機関の決定 当該上場投資法人等の資産運用会社
  • 四 上場投資法人等に係る第1項に規定する業務等に関する重要事実であつて第2項第10号、第13号又は第14号に規定するもの 当該上場投資法人等又は当該上場投資法人等の資産運用会社

5 第1項及び次条において「親会社」とは、他の会社協同組織金融機関を含む。以下この項において同じ。を支配する会社として政令で定めるものをいい、この条において「子会社」とは、他の会社が提出した第5条第1項の規定による届出書、第24条第1項の規定による有価証券報告書、第24条の4の7第1項若しくは第2項の規定による四半期報告書若しくは第24条の5第1項の規定による半期報告書で第25条第1項の規定により公衆の縦覧に供されたもの、第27条の31第2項の規定により公表した特定証券情報又は第27条の32第1項若しくは第2項の規定により公表した発行者情報のうち、直近のものにおいて、当該他の会社の属する企業集団に属する会社として記載され、又は記録されたものをいい、第1項及び第2項において「特定関係法人」とは、次の各号のいずれかに該当する者をいう。

  • 一 上場投資法人等の資産運用会社を支配する会社として政令で定めるもの
  • 二 上場投資法人等の資産運用会社の利害関係人等投資信託及び投資法人に関する法律第201条第1項に規定する利害関係人等をいう。のうち、当該資産運用会社が当該上場投資法人等の委託を受けて行う運用の対象となる特定資産の価値に重大な影響を及ぼす取引を行い、又は行つた法人として政令で定めるもの

6 第1項及び第3項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。

  • 一 会社法第202条第1項第1号に規定する権利優先出資法に規定する優先出資の割当てを受ける権利を含む。を有する者が当該権利を行使することにより株券優先出資法に規定する優先出資証券を含む。を取得する場合
  • 二 新株予約権等新株予約権又は投資信託及び投資法人に関する法律第2条第17項に規定する新投資口予約権をいう。を有する者が当該新株予約権等を行使することにより株券又は第2条第1項第11号に規定する投資証券を取得する場合
  • 二の二 特定有価証券等に係るオプションを取得している者が当該オプションを行使することにより特定有価証券等に係る売買等をする場合
  • 三 会社法第116条第1項、第182条の4第1項、第469条第1項、第785条第1項、第797条第1項若しくは第806条第1項の規定による株式の買取りの請求若しくは投資信託及び投資法人に関する法律第141条第1項、第149条の3第1項、第149条の8第1項若しくは第149条の13第1項の規定による投資口の買取りの請求又は法令上の義務に基づき売買等をする場合
  • 四 当該上場会社等の株券等第27条の2第1項に規定する株券等をいう。に係る同項に規定する公開買付け同項本文の規定の適用を受ける場合に限る。又はこれに準ずる行為として政令で定めるものに対抗するため当該上場会社等の取締役会これに相当するものとして政令で定める機関を含む。次条第5項第5号において同じ。が決定した要請監査等委員会設置会社にあつては会社法第399条の13第5項の規定による取締役会の決議による委任又は同条第6項の規定による定款の定めに基づく取締役会の決議による委任に基づいて取締役の決定した要請を含み、指名委員会等設置会社にあつては同法第416条第4項の規定による取締役会の決議による委任に基づいて執行役の決定した要請を含む。に基づいて、当該上場会社等の特定有価証券等又は特定有価証券等の売買に係るオプション当該オプションの行使により当該行使をした者が当該オプションに係る特定有価証券等の売買において買主としての地位を取得するものに限る。の買付けオプションにあつては、取得をいう。次号において同じ。その他の有償の譲受けをする場合
  • 四の二 会社法第156条第1項同法第163条及び第165条第3項の規定により読み替えて適用する場合を含む。以下この号において同じ。の規定若しくは投資信託及び投資法人に関する法律第80条の2第1項同法第80条の5第2項の規定により読み替えて適用する場合を含む。以下この号において同じ。の規定又はこれらに相当する外国の法令の規定による自己の株式等株式又は投資口をいう。以下この号において同じ。の取得についての当該上場会社等の会社法第156条第1項の規定による株主総会若しくは取締役会の決議監査等委員会設置会社にあつては同法第399条の13第5項の規定による取締役会の決議による委任又は同条第6項の規定による定款の定めに基づく取締役会の決議による委任に基づく取締役の決定を含み、指名委員会等設置会社にあつては同法第416条第4項の規定による取締役会の決議による委任に基づく執行役の決定を含む。同法第156条第1項各号に掲げる事項に係るものに限る。若しくは投資信託及び投資法人に関する法律第80条の2第3項の規定による役員会の決議同条第1項各号に掲げる事項に係るものに限る。又はこれらに相当する外国の法令の規定に基づいて行う決議等以下この号において「株主総会決議等」という。について第1項に規定する公表当該株主総会決議等の内容が当該上場会社等の業務執行を決定する機関の決定と同一の内容であり、かつ、当該株主総会決議等の前に当該決定について同項に規定する公表がされている場合の当該公表を含む。がされた後、当該株主総会決議等に基づいて当該自己の株式等に係る株券若しくは株券に係る権利を表示する第2条第1項第20号に掲げる有価証券その他の政令で定める有価証券以下この号において「株券等」という。又は株券等の売買に係るオプション当該オプションの行使により当該行使をした者が当該オプションに係る株券等の売買において買主としての地位を取得するものに限る。以下この号において同じ。の買付けをする場合当該自己の株式等の取得についての当該上場会社等の業務執行を決定する機関の決定以外の第1項に規定する業務等に関する重要事実について、同項に規定する公表がされていない場合当該自己の株式等の取得以外の会社法第156条第1項の規定若しくは投資信託及び投資法人に関する法律第80条の2第1項の規定又はこれらに相当する外国の法令の規定による自己の株式等の取得について、この号の規定に基づいて当該自己の株式等に係る株券等又は株券等の売買に係るオプションの買付けをする場合を除く。を除く。
  • 五 第159条第3項の政令で定めるところにより売買等をする場合
  • 六 社債券新株予約権付社債券を除く。第2条第1項第11号に規定する投資法人債券その他の政令で定める有価証券に係る売買等をする場合内閣府令で定める場合を除く。
  • 七 第1項に規定する業務等に関する重要事実を知つた者が当該業務等に関する重要事実を知つている者との間において、売買等を取引所金融商品市場又は店頭売買有価証券市場によらないでする場合当該売買等をする者の双方において、当該売買等に係る特定有価証券等について、更に同項又は第3項の規定に違反して売買等が行われることとなることを知つている場合を除く。
  • 八 合併、分割又は事業の全部若しくは一部の譲渡若しくは譲受け以下この項及び次条第5項において「合併等」という。により特定有価証券等を承継させ、又は承継する場合であつて、当該特定有価証券等の帳簿価額の当該合併等により承継される資産の帳簿価額の合計額に占める割合が特に低い割合として内閣府令で定める割合未満であるとき。
  • 九 合併等の契約新設分割にあつては、新設分割計画の内容の決定についての取締役会の決議が上場会社等に係る第1項に規定する業務等に関する重要事実を知る前にされた場合において、当該決議に基づいて当該合併等により当該上場会社等の特定有価証券等を承継させ、又は承継するとき。
  • 十 新設分割他の会社と共同してするものを除く。により新設分割設立会社会社法第763条第1項に規定する新設分割設立会社をいう。次条第5項第12号において同じ。に特定有価証券等を承継させる場合
  • 十一 合併等又は株式交換に際して当該合併等又は株式交換の当事者である上場会社等が有する当該上場会社等の特定有価証券等を交付し、又は当該特定有価証券等の交付を受ける場合
  • 十二 上場会社等に係る第1項に規定する業務等に関する重要事実を知る前に締結された当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買等に関する契約の履行又は上場会社等に係る同項に規定する業務等に関する重要事実を知る前に決定された当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買等の計画の実行として売買等をする場合その他これに準ずる特別の事情に基づく売買等であることが明らかな売買等をする場合内閣府令で定める場合に限る。

次の各号に掲げる者以下この条において「会社関係者」という。であつて、上場会社等に係る業務等に関する重要事実当該上場会社等の子会社に係る会社関係者当該上場会社等に係る会社関係者に該当する者を除く。については、当該子会社の業務等に関する重要事実であつて、次項第5号から第8号までに規定するものに限る。以下同じ。を当該各号に定めるところにより知つたものは、当該業務等に関する重要事実の公表がされた後でなければ、当該上場会社等の特定有価証券等に係る売買その他の有償の譲渡若しくは譲受け、合併若しくは分割による承継合併又は分割により承継させ、又は承継することをいう。又はデリバティブ取引以下この条、第167条の2第1項、第175条の2第1項及び第197条の2第14号において「売買等」という。をしてはならない。当該上場会社等に係る業務等に関する重要事実を次の各号に定めるところにより知つた会社関係者であつて、当該各号に掲げる会社関係者でなくなつた後1年以内のものについても、同様とする。

  • 一 当該上場会社等当該上場会社等の親会社及び子会社並びに当該上場会社等が上場投資法人等である場合における当該上場会社等の資産運用会社及びその特定関係法人を含む。以下この項において同じ。の役員会計参与が法人であるときは、その社員、代理人、使用人その他の従業者以下この条及び次条において「役員等」という。 その者の職務に関し知つたとき。
  • 二 当該上場会社等の会社法第433条第1項に定める権利を有する株主若しくは優先出資法に規定する普通出資者のうちこれに類する権利を有するものとして内閣府令で定める者又は同条第3項に定める権利を有する社員これらの株主、普通出資者又は社員が法人法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものを含む。以下この条及び次条において同じ。であるときはその役員等を、これらの株主、普通出資者又は社員が法人以外の者であるときはその代理人又は使用人を含む。 当該権利の行使に関し知つたとき。
  • 二の二 当該上場会社等の投資主投資信託及び投資法人に関する法律第2条第16項に規定する投資主をいう。以下この号において同じ。又は同法第128条の3第2項において準用する会社法第433条第3項に定める権利を有する投資主これらの投資主が法人であるときはその役員等を、これらの投資主が法人以外の者であるときはその代理人又は使用人を含む。 投資信託及び投資法人に関する法律第128条の3第1項に定める権利又は同条第2項において準用する会社法第433条第3項に定める権利の行使に関し知つたとき。
  • 三 当該上場会社等に対する法令に基づく権限を有する者 当該権限の行使に関し知つたとき。
  • 四 当該上場会社等と契約を締結している者又は締結の交渉をしている者その者が法人であるときはその役員等を、その者が法人以外の者であるときはその代理人又は使用人を含む。であつて、当該上場会社等の役員等以外のもの 当該契約の締結若しくはその交渉又は履行に関し知つたとき。
  • 五 第2号、第2号の2又は前号に掲げる者であつて法人であるものの役員等その者が役員等である当該法人の他の役員等が、それぞれ第2号、第2号の2又は前号に定めるところにより当該上場会社等に係る業務等に関する重要事実を知つた場合におけるその者に限る。 その者の職務に関し知つたとき。

2 前項に規定する業務等に関する重要事実とは、次に掲げる事実第1号、第2号、第5号、第6号、第9号、第10号、第12号及び第13号に掲げる事実にあつては、投資者の投資判断に及ぼす影響が軽微なものとして内閣府令で定める基準に該当するものを除く。をいう。

  • 一 当該上場会社等上場投資法人等を除く。以下この号から第8号までにおいて同じ。の業務執行を決定する機関が次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 会社法第199条第1項に規定する株式会社の発行する株式若しくはその処分する自己株式を引き受ける者協同組織金融機関が発行する優先出資を引き受ける者を含む。の募集処分する自己株式を引き受ける者の募集をする場合にあつては、これに相当する外国の法令の規定当該上場会社等が外国会社である場合に限る。以下この条において同じ。によるものを含む。又は同法第238条第1項に規定する募集新株予約権を引き受ける者の募集
    • ロ 資本金の額の減少
    • ハ 資本準備金又は利益準備金の額の減少
    • ニ 会社法第156条第1項同法第163条及び第165条第3項の規定により読み替えて適用する場合を含む。の規定又はこれらに相当する外国の法令の規定当該上場会社等が外国会社である場合に限る。以下この条において同じ。による自己の株式の取得
    • ホ 株式無償割当て又は新株予約権無償割当て
    • ヘ 株式優先出資法に規定する優先出資を含む。の分割
    • ト 剰余金の配当
    • チ 株式交換
    • リ 株式移転
    • ヌ 合併
    • ル 会社の分割
    • ヲ 事業の全部又は一部の譲渡又は譲受け
    • ワ 解散合併による解散を除く。
    • カ  新製品又は新技術の企業化
    • ヨ 業務上の提携その他のイからカまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 二 当該上場会社等に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
    • ロ 主要株主の異動
    • ハ 特定有価証券又は特定有価証券に係るオプションの上場の廃止又は登録の取消しの原因となる事実
    • ニ イからハまでに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 三 当該上場会社等の売上高、経常利益若しくは純利益以下この条において「売上高等」という。若しくは第1号トに規定する配当又は当該上場会社等の属する企業集団の売上高等について、公表がされた直近の予想値当該予想値がない場合は、公表がされた前事業年度の実績値に比較して当該上場会社等が新たに算出した予想値又は当事業年度の決算において差異投資者の投資判断に及ぼす影響が重要なものとして内閣府令で定める基準に該当するものに限る。が生じたこと。
  • 四 前3号に掲げる事実を除き、当該上場会社等の運営、業務又は財産に関する重要な事実であつて投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの
  • 五 当該上場会社等の子会社の業務執行を決定する機関が当該子会社について次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 株式交換
    • ロ 株式移転
    • ハ 合併
    • ニ 会社の分割
    • ホ 事業の全部又は一部の譲渡又は譲受け
    • ヘ 解散合併による解散を除く。
    • ト 新製品又は新技術の企業化
    • チ 業務上の提携その他のイからトまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 六 当該上場会社等の子会社に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
    • ロ イに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 七 当該上場会社等の子会社第2条第1項第5号、第7号又は第9号に掲げる有価証券で金融商品取引所に上場されているものの発行者その他の内閣府令で定めるものに限る。の売上高等について、公表がされた直近の予想値当該予想値がない場合は、公表がされた前事業年度の実績値に比較して当該子会社が新たに算出した予想値又は当事業年度の決算において差異投資者の投資判断に及ぼす影響が重要なものとして内閣府令で定める基準に該当するものに限る。が生じたこと。
  • 八 前3号に掲げる事実を除き、当該上場会社等の子会社の運営、業務又は財産に関する重要な事実であつて投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの
  • 九 当該上場会社等上場投資法人等に限る。次号から第14号までにおいて同じ。の業務執行を決定する機関が次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 資産の運用に係る委託契約の締結又はその解約
    • ロ 投資信託及び投資法人に関する法律第82条第1項に規定する投資法人の発行する投資口を引き受ける者の募集
    • ハ 投資信託及び投資法人に関する法律第80条の2第1項(同法第80条の5第2項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定による自己の投資口の取得
    • ニ 投資信託及び投資法人に関する法律第88条の13に規定する新投資口予約権無償割当て
    • ホ 投資口の分割
    • ヘ 金銭の分配
    • ト 合併
    • チ 解散合併による解散を除く。
    • リ イからチまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 十 当該上場会社等に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 災害に起因する損害又は業務遂行の過程で生じた損害
    • ロ 特定有価証券又は特定有価証券に係るオプションの上場の廃止又は登録の取消しの原因となる事実
    • ハ イ又はロに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 十一 当該上場会社等の営業収益、経常利益若しくは純利益第4項第2号において「営業収益等」という。又は第9号ヘに規定する分配について、公表がされた直近の予想値当該予想値がない場合は、公表がされた前営業期間投資信託及び投資法人に関する法律第129条第2項に規定する営業期間をいう。以下この号において同じ。の実績値に比較して当該上場会社等が新たに算出した予想値又は当営業期間の決算において差異投資者の投資判断に及ぼす影響が重要なものとして内閣府令で定める基準に該当するものに限る。が生じたこと。
  • 十二 当該上場会社等の資産運用会社の業務執行を決定する機関が当該資産運用会社について次に掲げる事項を行うことについての決定をしたこと又は当該機関が当該決定公表がされたものに限る。に係る事項を行わないことを決定したこと。
    • イ 当該上場会社等から委託を受けて行う資産の運用であつて、当該上場会社等による特定資産投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項に規定する特定資産をいう。第5項第2号において同じ。の取得若しくは譲渡又は貸借が行われることとなるもの
    • ロ 当該上場会社等と締結した資産の運用に係る委託契約の解約
    • ハ 株式交換
    • ニ 株式移転
    • ホ 合併
    • ヘ 解散合併による解散を除く。
    • ト イからヘまでに掲げる事項に準ずる事項として政令で定める事項
  • 十三 当該上場会社等の資産運用会社に次に掲げる事実が発生したこと。
    • イ 第52条第1項の規定による第29条の登録の取消し、同項の規定による当該上場会社等の委託を受けて行う資産の運用に係る業務の停止の処分その他これらに準ずる行政庁による法令に基づく処分
    • ロ 特定関係法人の異動
    • ハ 主要株主の異動
    • ニ イからハまでに掲げる事実に準ずる事実として政令で定める事実
  • 十四 第9号から前号までに掲げる事実を除き、当該上場会社等の運営、業務又は財産に関する重要な事実であつて投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの

・・・

※有料契約の方はログインで法令全文を閲覧できます

  • 税務通信