「国際税務」読者対象の会員制度
会員制度 国際税務研究会

国際税務研究会の会員制度は、広く内外の税務動向と実務情報の研究・提供を通じて、会員の皆様に、国際課税を巡り経営・企画上発生する諸問題に適切に対処していただく一助として、ご活用いただこうという趣旨で運営されています。
国際課税の実務情報を豊富な具体例で提供し、グローバル化する企業経営を税務面から支えます。

会員サービス概要

1.月刊「国際税務」のご送付

「月刊 国際税務」の年間購読料が含まれます。

2.会員専用サイトのご提供

会員専用WEBコンテンツの月刊「国際税務」データベース、Member's Roomをご利用いただけます。

3.国際税務関連定例セミナーのご招待

税務当局のOB、大学教授、大手の税理士法人・監査法人・法律事務所所属の税理士・公認会計士・弁護士等が講師の定例会・事例研究会に無料参加できます。

最近開催した主な定例会・事例研究会など
実務セミナー
2018年6月 

海外子会社への出張出向に係る寄附金・PE認定課税リスク
税理士 税理士 山田 晴美 氏

実務セミナー
2018年6月

「中国・ベトナム・マレーシア・インドからの投資回収に伴う課税リスク対策」セミナー
税理士法人フェアコンサルティング代表社員 細田 明 氏
中国、ベトナム、マレーシア、インド駐在の各アドバイザー

特別セミナー
2018年5月 

国際課税の動向と執行の現状
東京国税局調査第一部国際監理官 伴 忠彦 氏

4.書籍の会員割引

税務研究会刊行書籍を、会員価格でご提供いたします。

会員種別と年会費

年会費 108,000円(税込)
サービス内容
  1. 月刊「国際税務」のご送付
  2. 会員専用サイトのご提供
  3. 国際税務関連定例セミナーのご招待
  4. 書籍の会員割引