引当金、認識要件見直しを求める声が複数

 企業会計基準委員会(ASBJ)は12月14日、第11回引当金専門委員会を開催した。同専門委員会はIASBの動向を注視しつつ、引当金に関する会計基準の作成に向けて検討中。昨年9月の「引当金に関する論点の整理」公表後初となる今回は、論点整理に寄せられたコメントの内容を検討した。「企業会計原則注解18の認識要件を見直すべき」とする複数のコメントに対しては「コンバージェンスの観点から…企業会計原則注解18の見直しは考えられる」との見解。