中外製薬、楽天 2013年12月期決算からIFRS任意適用

 中外製薬(東証一部、あずさ)と楽天(JASDAQ、新日本)が、2013年12月期決算(第1四半期)から国際会計基準(IFRS)を任意適用する。中外製薬は昨年12月14日に、楽天は同20日に明らかにした。以上の2社に、日本電波工業、HOYA、住友商事、日本板硝子、日本たばこ産業、DeNA、SBIホールディングス、アンリツを加えると、任意適用企業は10社と二ケタを数えることになる。今後,任意適用を巡る動きは活発化しそうだ。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン