四半期財務諸表における税金費用の取扱いに関して実務上の対応方法を示唆

 上記公開草案は、四半期会計基準・適用指針における税金費用(税効果会計)の取扱いを踏まえ税金費用を①年度決算と同様の方法で計算、または、②四半期特有の会計処理により計算に加え、③適時に一時差異等のスケジューリングを行うことが実務上困難な場合、の対応をQ&A形式で示している。ポイントの③では「合理的で実態に即していると考ええられる方法により算出した単一の税率」の使用も容認。