ASBJ 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針公表

 企業会計基準委員会(ASBJ)は昨年12月28日、企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」を公表した。本指針は、現行の税効果会計のルールである監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」を日本公認会計士協会からASBJに移管して会計基準化したもの。移管に伴い、主に分類2から分類4までの回収可能性の判断要件の見直し等を行っている。適用は平成29年3月期の期首から。28年3月期末からの早期適用も認めている。