ASBJ 税効果のルール見直し、現行実務を踏襲へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は12月25日、第12回税効果会計専門委員会を開催した。今回は繰延税金資産の回収可能性の判断基準(監査委員会報告第66号)について、どのような方向性で見直すか議論した。ASBJは今後の進め方として、66号に準拠し、例示区分に該当する要件に基づいて分類するやり方をベースに検討することを提案した。実務への配慮から委員もこれを支持した。