ASBJ リース会計基準の改正案を公表

企業会計基準委員会(ASBJ)は昨年12月27日、「リース取引に関する会計基準(案)」とその適用指針(案)を公表した。

現行のリース取引に係る会計基準を見直し、所有権移転外ファイナンス・リース取引の例外処理規定を廃止する。税務上の対応も固まったことで、検討開始から5年目でようやく正式公表を迎えそうだ。

1月29日まで意見募集を実施し、その後正式公表に向けた審議を行う。適用は20年4月1日以降開始事業年度からだが、早期適用もできる。