会計士試験合格者数、「なお一層抑制的に」

 金融庁は1月5日開催の公認会計士・監査審査会において、平成24年以降の公認会計士試験合格者数に関する考え方を表明した。23年試験の最終合格者数は1、511人(旧第2次試験合格者等を含む)だったが、「24年以降の合格者数については、なお一層抑制的に運用されることが望ましい」としている。