廃止事業、「事業セグメントで判断」を支持

 企業会計基準委員会(ASBJ)は1月13日、「第8回財務諸表表示専門委員会」を開催した。当日は、IASB(国際会計基準基準審議会)によるIFRS(国際財務報告基準)第5号「売却目的で保有している非流動資産及び廃止事業」の改訂案と、財務諸表の表示の見直しに向けたディスカッション・ペーパーの内容を審議した。ASBJは廃止事業の定義について、改訂案にある「事業セグメントで判断」との考え方を支持した。