平成27年度税制改正のポイント〈1〉~地方法人課税

 地方法人課税関係の改正では、法人実効税率の引下げのため外形標準課税適用法人の所得割の税率が引き下げられる。

 一方、課税ベース拡大のため「外形標準課税(付加価値割と資本割)」の税率は引上げとなるが、所得割のウエイトの高い法人には外形標準課税の拡大は有利に働くことになる。

 今回の改正により、「所得割」に超課税率を採用している東京都では、現行の超過分の割合の変更を条約改正により行う。
  • ZEIKEN LINKS210909

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン