2019年のIPOは94社

本誌調査では、2019年のIPO(新規上場)は合計94社だった。前年より4社減少し、マザーズへの上場が全体の3分の2を占めた。業種別では情報・通信業が最多で、AIビジネスなどを手掛ける銘柄も見られる。国際会計基準(IFRS)を用いて上場したのは1社のみだった。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン