収益認識の会計・税務 第10回 ポイント制度(4)

ポイント制度と収益認識基準に関する考察の第4回は、クレジットカードの利用に応じてポイントを付与する場合の事例を取り上げる。「カード会社」、「商品を販売する小売店」、「カードで商品を購入する消費者」の三者が登場するパターンだ。国際的にも明確なガイダンスは設けられなかった論点だが、会計上の取扱いを事例をもとに考える。