JICPA 会社法監査報告書日付の分布状況調査を公表

日本公認会計士協会(JICPA)は1月16日付で「『2016年から2018年における3月決算上場会社の会社法監査報告書日付の分布状況について』の公表及び2019年3月期決算に向けた対応に当たって」を公表した。本調査は、2016年から2018年の3月決算上場会社の会社法監査報告書日付の分布状況を調査し、期末監査期間の実態把握のための資料提供を目的とする。依然として期末監査の監査環境は厳しい状況にあり、特に今年は春の大型連休が10連休となる影響により昨年より営業日が減少するため、JICPAは会員に当該状況等を勘案した早めの対応を要請した。