JICPA 改正草案「税効果会計に関するQ&A」公表

 日本公認会計士協会は1 月13日、「『税効果会計に関するQ&A』の改正について(公開草案)」を公表した。昨年12月2日に公布された平成23年度改正法人税法等に対応した年度決算の税効果会計の取扱いを示したもの。以下の3つの取扱いを明示している。(1)「改正後の税率を適用する時期」、(2)「回収又は支払が行われると見込まれる期の税率」、(3)「スケジューリングが不能な一時差異の取扱い」。2月2日まで意見を募集し、同月中に正式公表したい考えだ。