JICPA 職業倫理に関する解釈指針を公表

 日本公認会計士協会(JICPA)は昨年12月14日付で「職業倫理に関する解釈指針」を公表した。従来の倫理委員会報告第1号「職業倫理に関する解釈指針」、同2号「職業倫理に関する解釈指針(その2)」、同4号「職業倫理に関する解釈指針(その3)」を一括整理し、新たに必要と思われる項目を追加している。また、昨年7月に改正された「独立性に関する概念的枠組み適用指針」等にも対応。「報酬依存度」の規定に「依頼人が大会社等の場合」が追加されたことを踏まえ(報酬依存度が「15%を大幅に超える場合」の対応等)、数値等に係る判断基準などが示されている。適用は、23年4月1日から。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン